サムスン 『Galaxy Buds Live』 画像など ~前代未聞のデザインでANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン

Samsung_Galaxy_Buds_Live_01.jpg


海外で発売されているサムスンのイヤホン「Galaxy Buds Live」。
Galaxy Buds+」などが出ているGalaxy Budsシリーズの新たな完全ワイヤレスイヤホンは、前代未聞と謳うアイコニックデザインとシリーズ初のアクティブノイズキャンセリング機能搭載を特徴としたモデル。ちょっと見てみます。

Samsung Galaxy Buds Live - The Official Samsung Galaxy Site
https://www.samsung.com/global/galaxy/galaxy-buds-live/





Samsung_Galaxy_Buds_Live_02.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_Live_03.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_Live_04.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_Live_05.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_Live_06.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_Live_07.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_Live_08.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_Live_09.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_Live_10.jpg
(via clien/clien)

通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP、コーデック:SBC/AAC/Samsung Scalable、連続再生時間:約5.5時間(ANC+Bixbyオン)/約8時間(再生のみ)、連続通話時間:約4.5時間(ANCオン)/約5.5時間(ANCオフ)、インターフェイス:USB Type-C(ケース)、重量:5.6g(イヤホン)/42.2g(ケース)、という仕様。カラーはブラック・ホワイト・ブロンズの3色・付属品はウィングチップ・USBケーブル。

耳の内側に柔らかく収まる前代未聞のアイコニックデザイン、12㎜スピーカー・バスダクト・エアベントの構成で実現したライブ&ディープサウンド、AKGによるサウンドチューニング、最高クラスの通話品質を実現するトリプルマイク&ボイスピックアップユニット、タップで操作できるタッチコントロールボタン、Bixby・Spotify・Buds Together対応、急速充電&Qi対応のバッテリーケース、などが特徴。

イヤホン本体を見るにかなり特殊なインナーイヤー型で、豆みたいな形状はジュライのカプセル型より耳の収まりが良さそう。ANC機能に関してはあまり大々的に推してないので及第点くらいに考えておいた方がいいかもしれませんが、前作に続いて今作も独自の要素がいくつもありますからGalaxyのスマートフォンやタブレットを使っている人はチェックしておくべきかと。これまでの製品展開を考えると日本でもおそらく発売されるでしょうね。

<関連記事>サムスン 『Galaxy Buds Live』 レビューチェック ~独特な開放型&ANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン