サムスン、同シリーズのエントリークラスとなるANC完全ワイヤレスイヤホン『Galaxy Buds FE』

Samsung_Galaxy_Buds_FE_01.jpg


海外で見かけたサムスンのイヤホン「Galaxy Buds FE」。
Galaxy Buds2 Pro」以来となるGalaxy Budsシリーズの完全ワイヤレスイヤホンは現ラインナップのエントリークラスにあたる新型モデル。スペックの詳細はまだ公開されていませんが深く力強いサウンドやアクティブノイズキャンセリング搭載を主な特徴としています。

【公式サイト】Galaxy Buds FE | Wireless Earbuds | Samsung US



Samsung_Galaxy_Buds_FE_02.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_FE_03.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_FE_04.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_FE_05.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_FE_06.jpg


Samsung_Galaxy_Buds_FE_07.jpg
(via Youtube)

耳にしっかりホールドする新設計のウィングチップデザイン、低音が深く力強いサウンドを提供、アクティブ ノイズキャンセリング&アンビエントサウンドモード搭載、3基のマイクとDNNによるクリアな通話品質、Samsung TVと自動的に同期するSmart View、連続再生時間:約6時間(ANC ON)、最大30時間再生を可能とするバッテリーケース、グラファイト・ホワイトの2色、公開されている主な仕様・特徴は以上。

価格は北米公式サイトだと99ドル。同シリーズの通常モデルと言えるGalaxy Buds2が149ドルで一番安い存在でしたから、こちらが新たなエントリークラスであり廉価版とも言える存在になるのではないかと。ちなみに同じ”FE”が付いたスマートフォンやタブレットと共に発表されたもので、日本でも発売されるとしたらそれらと合わせて(それらのアクセサリとして)だと思います。