サムスン、正式公開されたモンスタースペックのスーパーウルトラワイドゲーミングモニター『C49G95T (Odyssey G9)』

Samsung_C49G95T_01.jpg


海外で見かけたサムスンの49インチ液晶モニター「C49G95T (Odyssey G9)」。
今年1月のイベントで出展されていた新型のスーパーウルトラワイドゲーミングモニターが正式に公開された模様。解像度:5120x1440のVAパネル、1000Rのカーブスクリーン、リフレッシュレート240Hz、など従来の製品から考えるとモンスタースペックになっているモデルです。

49 largest 1000R gaming monitor - LC49G95TSSNXZA | Samsung US
https://www.samsung.com/us/computing/monitors/gaming/49--odyssey-g9-gaming-monitor-lc49g95tssnxza/





Samsung_C49G95T_02.jpg


Samsung_C49G95T_03.jpg


Samsung_C49G95T_04.jpg


Samsung_C49G95T_05.jpg


Samsung_C49G95T_06.jpg


Samsung_C49G95T_07.jpg


Samsung_C49G95T_08.jpg
(via pconline/ifanr)

画面サイズ:49インチ、パネル:VA、解像度:5120x1440、輝度:420 cd/m2、コントラスト比:2500:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI/DisplayPort x2、主な仕様は以上。曲率1000Rのカーブスクリーン、量子ドットLED技術・QLED採用、リフレッシュレート240Hz、FreeSync Premium Pro/G-SYNC Compatible対応、VESA DisplayHDR 1000認証、入力遅延を最小限に抑えるLow Input Lagモード、画面の視認性を高めるBlack Equalizer機能、背面のLEDが動的に発光するコアライティングデザイン、などが特徴

従来のスーパーウルトラワイドゲーミングモニターは解像度:5120x1440のモデルだとリフレッシュレートは120Hzで応答速度は4ms(GTG)で曲率は1800Rでしたから、この新型はあらゆる面で上回っている内容。それ以外の技術や機能も最新のものをほぼすべて取り入れているような形で、まさにモンスタースペック。それでいて価格設定は北米で1,699.99ドルと決して安くはないけれども思っていたほど高くもなし。前の世代がそうだったようにしばらくの間は競合機が出てこないでしょうし、出てきても後発だとシェアを奪う事はできないでしょうし、これは最初から一強ムードです。

<関連記事>サムスン 『C49G95T(Odyssey G9)』 画像など ~市場に出回りだした超級のスーパーウルトラワイドゲーミングモニター