サムスン、曲率1000Rの27インチ/VAパネル/WQHD/240Hzゲーミングモニター『C27G75T』

Samsung_C27G75T_01.jpg


海外で見かけたサムスンの27インチ液晶モニター「C27G75T」。
C32G75T」と共に登場したOdyssey G7シリーズのゲーミングモニターで、こちらも世界初となる曲率1000RのカーブスクリーンやVAパネル/WQHD解像度でリフレッシュレート240Hzの実現を主な特徴としているモデルです。

27 Gaming Monitor With 1000R Curved Screen | Samsung SG
https://www.samsung.com/sg/monitors/odyssey-g7-c27g75t/





Samsung_C27G75T_02.jpg


Samsung_C27G75T_03.jpg


Samsung_C27G75T_04.jpg


Samsung_C27G75T_05.jpg


Samsung_C27G75T_06.jpg


Samsung_C27G75T_07.jpg


Samsung_C27G75T_08.jpg


Samsung_C27G75T_09.jpg


Samsung_C27G75T_10.jpg


画面サイズ:27インチ、パネル:VA、解像度:2560x1440、輝度:350 cd/m2、コントラスト比:2500:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI/DisplayPort x2、主な仕様は以上。曲率1000Rのカーブスクリーン、量子ドットLED技術・QLED採用、リフレッシュレート240Hz、FreeSync Premium Pro/G-SYNC Compatible対応、VESA DisplayHDR 600認証、入力遅延を最小限に抑えるLow Input Lagモード、画面の視認性を高めるBlack Equalizer機能、背面のLEDが動的に発光するコアライティングデザイン、などが特徴。

C32G75Tとの違いはサイズが関わる部分と価格のみ。価格に関しては情報を公開しているシンガポールの公式サイトだと1,119.22シンガポールドル(約87,000円)。こちらもC32G75Tと同様にこのサイズこの解像度のゲーミングモニターで世界初の要素が多く、これまたすごいものが出てきたな・・・と驚くばかり。1点だけ触れると曲率1000Rは従来の1500~1800Rに比べてきついカーブスクリーンになっているのが一目瞭然。従来の曲率でも賛否両論ありましたが反響次第では他社も続くでしょうから、その反響が気になるところです。