『ROCCAT Pure SEL』レビューチェック ~4,000円を切っている同社最軽量=約49gの有線ゲーミングマウス

ROCCAT_Pure_SEL_review_check_01.jpg


2023年11月に発売されたROCCATのマウス「Pure SEL」。
同社の製品では一番軽い約49gの重量になっている有線のゲーミングマウスで、合わせて登場したワイヤレスモデル「Pure Air」の廉価有線版と言えそうな存在。主要パーツはグレードの低いものを採用して低価格を実現しているエントリークラスですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】ROCCAT Pure SEL | ROCCAT



画像


ROCCAT_Pure_SEL_review_check_02.jpg


ROCCAT_Pure_SEL_review_check_03.jpg


ROCCAT_Pure_SEL_review_check_04.jpg


ROCCAT_Pure_SEL_review_check_05.jpg


ROCCAT_Pure_SEL_review_check_06.jpg


ROCCAT_Pure_SEL_review_check_07.jpg


ROCCAT_Pure_SEL_review_check_08.jpg
(via bleder20)

製品仕様


センサー:光学式
解像度:50-8000DPI
トラッキング速度:200IPS
最大加速度:30G
ポーリングレート:1000Hz
ケーブル長:1.8m
サイズ:幅69.3x奥行き121.1x高さ38.3mm
重量:約49g


メディア・レビューサイト


重さ約54gのROCCAT製ハイエンドワイヤレスマウス「Pure Air」が11月24日発売。約49gで約5000円のワイヤードマウスも登場

重さわずか49gのゲーミングマウス「PURE SEL」がROCCATから、色違いで2種類 - AKIBA PC Hotline!

【レビュー】軽いは正義!超軽量で驚くほどなめらかな操作を実現した——Gen.G監修ROCCAT Pure Air & Pure SEL | eSports World

49gの軽量ゲーミングマウス「ROCCAT PURE SEL」レビュー。センサー性能は「Logicool G403h」より良さそうだが挙動がちょっと変 - のめうブログ



人間工学に基づいた形状の軽量ソリッドシェル、PixArt PAW3318センサー採用、耐久性2000万回のマイクロスイッチ採用、特許取得済みのプリテンションクリックシステム、ロゴにAIMOライティング対応のRGB LED搭載、ピュアPTFEグライドソール採用、ROCCAT SWARMソフトウェア対応、NVIDIA Reflex対応、ブラック・ホワイトの2色、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人はまだ少数でしたが、筐体のサイズや形状はワイヤレスモデルのPure Airとまったく同じで手に合うかは人による、センサーは直線補正が勝手に効いているような不穏に感じる事がある、クリック感はTITANオプティカルスイッチを使っているPure Airと比べてやや硬い、ケーブルはパラコードではなくビニールでしなやかではない、Pure Airと比べて欠点になりそうな部分が割とある、といった内容。

各所の反応


[1]
ROCCAT Pure SELに搭載されてる8K(DPI)センサーはPAW3318とかいうセンサー使われてるらしいけど
登場自体は2023年でASUSの安いゲーミングマウスでも使われてたっぽい
要は下位のエントリーグレードだね




[2]
PURE SELの8KがポーリングレートじゃなくてDPIの最大値だったのは笑った



[3]
PURE SELのケーブルはパラコードではないのか・・・



[4]
無線のPure Airは割といいと思う
有線のPURE SELは売る気あんのかってくらい手を抜いててなんとも




[5]
PURE SEL買うくらいなら最初からPure Air買えって正直思う
安い時は1万円くらいになるし




[6]
Pure SEL買った
Kone Pure Ultra(KPU)から買い替え
先に結論言うとKPUより正直良い

センサーはパッドが布でもガラスでも問題なし
LODはPure SELの方が短くて良い
ケーブルはビニールだけど少し細くて柔らかい
ソールは決して良いものじゃないけど使えない事はない
クリックはクリスピーな感触
サイドボタンはKPUより良くなってる
コーティングはKPUの方が良くてグリップテープ付けた方がいいかも




[7]
ROCCATのPure AirとPure SELをある経路から入手した
ワイヤレスのPure Airは人気の中華勢に負けじと劣らずの出来にはなっていると思う
有線のPure SELは軽いけど他の部分が何もかも平凡

センサーは安いワイヤレスでもPAW3395を使っている時代にPAW3318は馬鹿にしてるのかと
ホイールは往年の製品みたいな重厚感はないけど静かで快適に回る、でも強く回すとノイズが気になる
Pure Airと違ってDPIのインジケーターがないので目視で確認できない
本体がめっちゃ軽くてもケーブルが一昔前に使われていたようなビニールだからその落差にストレス感じる
こんな半端な有線買うくらいなら安い中華のワイヤレス買えとまでは言わないけど
どうせ買うならPure Airにした方が後悔しないと思う






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。センサーは下位のエントリーグレードで今の時代だとマイナス要素になりかねない、メインボタンはメカニカルでクリスピーなクリック感、ケーブルはビニールにしては柔らかい方だがビニールという時点でストレスを感じる、表面のコーティングはあまり良くないのでグリップテープが必要になりそう、旧製品の「Kone Pure Ultra」(AD)に比べたら良い点がいくつかある、でもどうせ買うならPure Airにした方が後悔しない、といった内容。

「PURE SEL」は現在4,000円弱の価格で販売中。この情報を最初に見た時は(どの層に向けたものなのかよくわからない・・・)と思ったのが正直なところ。エントリー層に向けたものでしょうけど最近は低価格帯でもワイヤレスゲーミングマウスの選択肢は割とありますし、有線ゲーミングマウスはどちらかと言えばこだわりのある玄人が好き好んで使っている印象。なのでエントリー層は安くてもあえてこれに手を出す人なんてあまりいないはず、そしてガチの有線派はこのスペックで納得するはずもなし。Pure Airをそのまま有線化したものだったら後者にウケていたんじゃないかなとも思います。