ROCCAT 『Kain 200 AIMO』 レビューチェック ~トップグレードで一番安いワイヤレスゲーミングマウス

ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_01.jpg


2019年12月に発売されたROCCATのマウス「Kain 200 AIMO」。
Kain 120 AIMO」のワイヤレス版となる独自のクリック構造”Titan Click”採用のワイヤレスゲーミングマウス。今作もカラーによって型番が違っていてホワイトの方はKain 202 AIMOになっていますが、ちょっとチェックしてみます。

ROCCAT Kain 200 AIMO
https://ja.roccat.org/Mice/Kain-200-AIMO



画像


ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_02.jpg


ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_03.jpg


ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_04.jpg


ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_05.jpg


ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_06.jpg


ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_07.jpg


ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_08.jpg


ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_09.jpg


ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_10.jpg


ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_11.jpg


ROCCAT_Kain_200_202_AIMO_12.jpg
(via danawa)

製品仕様


通信方式:2.4GHz
センサー:光学式
解像度:16000DPI
トラッキング速度:400IPS
最大加速度:40G
ポーリングレート:1000Hz、
バッテリー:内蔵(1000mAh)
電池寿命:最大50時間
サイズ:幅65x奥行き124x高さ43㎜
重量:105g


メディア・レビューサイト


ROCCAT製マウス5製品が国内発売 - 4Gamer.net
https://www.4gamer.net/games/102/G010229/20191128022/

ROCCATのゲーミングマウスが計5製品、有線/無線両対応や66.5gの軽量モデルなど - AKIBA PC Hotline!
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1224500.html

Roccat KAIN 202 AIMO | デバイス沼
https://d-numa.com/2019/12/05/roccat-kain-202-aimo/

「ROCCAT Kain 200/202 AIMO」レビュー。無線化で完成度が増した良ゲーミングマウス | DPQP
https://dpqp.jp/review/roccat-kain-200-202-aimo

ROCCAT KAIN200 AIMO レビュー:これほど質感の高いマウスは他にないかも…。 | けしろぐ
https://keshilog.com/kain200/

【レビュー】ROCCAT Kain 200 AIMO - クリック感が最高な格安無線マウス
https://ggjpn.com/archives/16393

ROCCAT Kain 200 AIMOレビュー|高コスパなワイヤレスマウス|ゲーミングPCログ
https://game.sukecom.net/roccat-kain-200/




ROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサー(Pixart PMW3335)採用、オムロン製のマイクロスイッチ採用、独自のスプリットボタンデザインを採用したマウスクリック構造”Titan Click”、ファームウェアの改善により高速のクリック反応を実現、耐摩耗性に優れたハイブリッドコーティング、512KBオンボードメモリ内蔵、AIMOライティングエンジン対応のRGB LED搭載、リフトオフディスタンス調整可能、有線接続対応、などが特徴。

レビューしている人は数名いましたが、「センサーの精度は至って良好、ワイヤレス接続も遅延を感じる事なく快適」「”Titan Click”のクリック感はストロークが浅く跳ね返りがやや強い、かなりの好感触」「ボディのコーティングは秀逸で滑らない」「本体の形状はありそうでなかったタイプで握り方は選びそう」「105gの重量は軽いと言えないので許容できるかがポイントとなりそう」「最高峰のワイヤレスモデルではないが、この内容で今の価格なら魅力が高い」といった内容。

各所の反応


[#1]
Kain200/202って無線マウスだったのか
この無線技術がkone pure ultraにまで搭載されれば



[#2]
tyonとleadrを愛用してるが
値段の割に耐久性が低いのとバグ放置してたりで
Roccatの品質がいいとは思ってなかった
他のマウスは品質がいいのか?



[#3]
>>#2
kainいいぞ



[#4]
XM1もいいけどroccatのKAINってのもいいな
持ちやすい小型にセパレートのクリックボタン
これを待ってたんだよ



[#5]
kainが小型...?



[#6]
縦横対比でいうなら細いマウスではある



[#7]
Kainの厚化粧コーティング確かにいいけど経年でベタつきそう



[#8]
スイッチ交換して遊んだりしてる人間だけど
最近のデフォで使われてるスイッチならD2FC-F-K(50M)が一番軽いと思う
その中でもKainが試した中じゃ一番軽かった



[#9]
kain買ってきた
全体的に質感が良くてさわり心地がいい
仕事で使う平べったいマウスに耐えられなくなりそうだけど丸みもいい



[#10]
kain無線版もう有線版と値段変わらないな





各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。マイクロスイッチはオムロン D2FC-F-K(50M)だがクリック感は同じスイッチを使っている中でも一番軽い=”Titan Click”の恩恵か、ハイブリッドコーティングの手触りは非常に良いが耐久性は材質的に微妙かも、このサイズこの形状は比較的持ちやすい、有線モデルと大差ない時があったほど割安な価格になっている、といった内容。

”Titan Click”をはじめ結構しっかりした作りなので重量はトレードオフになっている印象ですが、長所と言える部分がいくつもありますから重量さえ許容できるなら満足度は非常に高そうなワイヤレスモデル。他社のトップグレードが10,000円台半ばに集中しているのに対して、これは価格帯が一つ二つ下という点も魅力になるでしょうね。「Kain 200 AIMO」は現在7,000円台の価格で販売されています。




ROCCAT
売り上げランキング:441