RK、従来より上質になった60%レイアウトのBluetoothメカニカルキーボード『RK61 PRO』

RK_RK61_PRO_01.jpg


海外で見かけたRKのキーボード「RK61 PRO」。
中華メカニカルキーボードが乱発していた時期に割安な60%レイアウトのワイヤレスモデルとして出回っていた「RK61」。これはその上位版となるもので現代に合わせて刷新&キーキャップをはじめコストをかけた作りになっています。

RK Keyboard Official Website_Royal kludge
http://www.rkgaming.com/en-US/





RK_RK61_PRO_02.jpg


RK_RK61_PRO_03.jpg


RK_RK61_PRO_04.jpg


RK_RK61_PRO_05.jpg


RK_RK61_PRO_06.jpg


RK_RK61_PRO_07.jpg


RK_RK61_PRO_08.jpg


RK_RK61_PRO_09.jpg


RK_RK61_PRO_10.jpg


61キーの60%レイアウト、Cherry MXのキースイッチ採用、PBT製のキーキャップ採用、人間工学に基づいたステップスカルチャー構造、Bluetooth/USB Type-Cでの無線/有線両対応、1450mAhのバッテリー内蔵、Nキーロールオーバー対応、ブラック(前面刻印)・ホワイト(通常刻印)の2色、サイズ:幅291x奥行き101x高さ39mm、主な仕様・特徴は以上。中国にあるオフィシャルストアでの価格は369人民元(約5,600円)。

RK61の通常版は当時の中華系らしいキワモノ感がものすごい作りでしたが、上位版のこれは最新の要素を取り入れつつも堅実なパーツを使ってまともな作りになっている印象。特にキーキャップは素材だけでなく配色も刻印もマニア受けしそうなもので安っぽさは感じられず。今も生き残っている中華系のメーカーは大半が良い方向に路線変更していますし、RKも以前のような安さがウリの展開は止めて現代に通用する製品をこれから出してくるかもしれませんね。




RK
売り上げランキング:8083