REDRAGON、ものすごく低価格で約49gの軽量ボディやPAW3395採用を特徴とするワイヤレスゲーミングマウス『G49』

REDRAGON_G49_01.jpg


海外で見かけたREDRAGONのマウス「G49」。
中華系の中では老舗と言える存在で日本でも一部のショップで製品を見かけたりするゲーミングデバイスメーカーのREDRAGONですが、ワイヤレスゲーミングマウスのトレンドにようやく乗っかるようでこれは約49gの軽量ボディやPAW3395採用を特徴とするモデル。価格はものすごく安いです。

【公式ストア】红龙(REDRAGON)G49 中手适用型 蓝牙2.4G有线三模游戏鼠标



REDRAGON_G49_02.jpg


REDRAGON_G49_03.jpg


REDRAGON_G49_04.jpg


REDRAGON_G49_05.jpg


PixArt PAW3395センサー採用、耐久性5000万回のHuano製マイクロスイッチ採用、人間工学に基づいた5ボタン搭載の軽量ソリッドシェル、2.4GHz/Bluetooth/USB Type-Cのトライモード接続、400mAhバッテリー内蔵(電池寿命:最大60時間)、サイズ:幅64.3x奥行き120.8x高さ37.9mm、重量:約49g、主な仕様・特徴は以上。また、SoCやマイクロスイッチが上級のものでポーリングレート4000Hz対応&専用レシーバー付属の4KHz対応版もあり。

価格は中国の公式ストアだと通常179人民元ですが発売記念のキャンペーン割引を適用すると99人民元(約2,000円)。低価格・軽量・PAW3395採用を特徴とする中華系のワイヤレスゲーミングマウスは数多くあれど、ここまで安いものは今までなかったのではないかと(4KHz対応版は通常価格が239人民元)。それにしても中華系の製品は軽量もPAW3395採用も4KHz対応も当たり前になりつつある状況なので、今後は低価格勝負になっていきそうですね。