『Razer Viper V3 HyperSpeed』 レビューチェック ~一部の間で好評を得る第3世代のワイヤレスゲーミングマウス

Razer_Viper_V3_HyperSpeed_10.jpg


2023年9月に発売されたRazerのマウス「Viper V3 HyperSpeed」。
Viper V2 Pro」の次世代=Viperシリーズの第3世代となるワイヤレスゲーミングマウス。次世代と言ってもネーミングや仕様から考えて廉価版の立ち位置になりそうなもので、新型だけれども上位と下位の特徴をミックスしたようなモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】e スポーツプロ向けワイヤレスゲーミングマウス: Razer Viper V3 HyperSpeed | Razer 日本

画像


Razer_Viper_V3_HyperSpeed_11.jpg


Razer_Viper_V3_HyperSpeed_12.jpg


Razer_Viper_V3_HyperSpeed_13.jpg


Razer_Viper_V3_HyperSpeed_14.jpg


Razer_Viper_V3_HyperSpeed_15.jpg


Razer_Viper_V3_HyperSpeed_16.jpg


Razer_Viper_V3_HyperSpeed_17.jpg


Razer_Viper_V3_HyperSpeed_18.jpg


Razer_Viper_V3_HyperSpeed_19.jpg


Razer_Viper_V3_HyperSpeed_20.jpg


Razer_Viper_V3_HyperSpeed_21.jpg
(via bk32167)

製品仕様


センサー:光学式
解像度:30000DPI
トラッキング速度:750IPS
最大加速度:70G
ポーリングレート:1000Hz(別売りレシーバーで4000Hz対応)
バッテリー:単三電池1本
電池寿命:最大280時間
サイズ:幅63.9x奥行き127.1x高さ39.9mm
重量:約82g(電池込み)・約59g(電池なし)


各所の反応


[1]
Razer、軽さ82gでフラグシップセンサー搭載の乾電池式無線ゲーミングマウス
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1534591.html




[2]
Viper V3 HyperSpeed
電池式だし癖なさそうでええなって思ったけど
センサーえらい上の方についてるな




[3]
自分はフロントセンサーは別にいいんだけど
新型のV3一発目が乾電池でびっくりしたわ
重量も軽くないし




[4]
Viper V3 HS気にはなるけどセンサーの位置がめちゃくちゃ前なのと
電池式だから降った時にカタカタしそうなのとかそこらへん気になるよね




[5]
Viper V3 HyperSpeedは乾電池を工夫すればもっと軽くできる
具体的に言えばスペーサーで単四使ったりリチウム乾電池使ったり




[6]
Viper V3 HyperSpeedこれ実は持ちやすいんじゃないかと見て思ったが
実際触ってきて予想どおりだった
早くProを出してくれ




[7]
Viper V3 HyperSpeed乾電池式だけどスペック高めだし
センサー位置前寄りにあるのがむしろ良さげだから予約した




[8]
Viper V3 HyperSpeed購入。
V2と比べて形が結構変わった。
後部が少し高くなって幅が狭くなったから、
Viper特有の平たく感じる感覚はなくなった。
背が高くなった影響でメインボタンも傾斜がキツくなった。
でも凄くいい変更だと思う。
GPX寄りの形になったけど握った感じはViper V3の方が好き。

メインボタンのガタツキは少ないし押し心地もサクサクでメカニカル。
廉価版のHyperSpeedでもProみたいなコーティングなのも良き。
センサー位置は確実に評価分かれる。




[9]
Viper V3 HyperSpeedいいな
重心の関係なのか付属の単3電池入れてもそこまで重く感じない




[10]
Viper V3 HyperSpeedは乾電池式なのに目を瞑れば
GproとViperのいいとこ取りって感じ
乾電池がどうしても嫌なら後から出ると思われるProを待つべき




[11]
>>10
もしViper V3 Proがあのフロントセンサーのままくるなら欲しいな
センサー位置を食わず嫌いしてる人はもったいないと思う




[12]
Viper V3 HyperSpeed着弾
V2に比べてくびれが無くなってお尻が高くなった
自分はV2よりも好き
コーティングもDeathAdder V3と同じでいいね
重量は付属の単3電池でもそこまで重さは気にならんかな
まぁスペーサー噛ませて単4電池で使うけど




[13]
Viper V3 HyperSpeed店頭にあったから握ったけど
形は現状ベストと思えるくらいめっちゃ良いかも




[14]
Viper V3 HyperSpeed持った感じは結構良かった
乾電池でさえなければって感じ




[15]
Viper V3 HyperSpeedのフロントセンサー個人的に神すぎる
Viper V2やDAV3 Pro使ってきたけどこの形状が一番良い
電池は単四の充電池にスペーサー着けてやると70gくらいになるし
ケツ重心で意外と安定する
マジでいい




[16]
久々にRazar製品使ったけどViper V3 HyperSpeedは慣れたらいいかも
まだ前側にセンサーあるの慣れないけどViper特有の背の低さ解消されてて使いやすい




[17]
Razer Viper V3 HyperSpeed
スペーサー使って軽量化してるんだけど特に気にすることなく使えてる。
このセンサー位置はむしろ指で細かいAIM調整がしやすい。
値段もそこまで高くないし重さ気にしない人はオススメかもしれん。




[18]
Viper V3 HyperSpeedは80g超えてるけどグリップ感が良くてあんまし気にならんし
左右対称で頂点がほぼ真ん中の形なのも良い
センサーが前にありすぎて慣れが必要だけど慣れたら大丈夫そう




[19]
Viper V3 HyperSpeed大絶賛だわ。
センサーが前の方にあるとDPI上げても違和感があまり無くてすごいと思った。
電池は単三も単四も試したけど重心バランスを考えた設計なのが感じられる。
重量自体もそこまで気にならない。




[20]
Viper V3 HyperSpeedのセンサー位置は評価されていいほど絶妙
自然とセンサー真横に指が来る




[21]
Viper V3 HyperSpeedは形とセンサー位置の事ばかり語られてるけど
クリック感もいいよ




[22]
Viper V3 Hyperspeed感想
重量のバランスが良いので乾電池式でも気にならない
新形状がとても良くて後ろ寄りに高い所があるので握りやすい
クリック感はとても軽快で扱いやすい
電池は単3だと確かに重く感じるが単4にすると70g台になる
ソールの形状も良い
コーティングがマットでサラサラな感じで握りやすい




[23]
Viper V3 HyperSpeed触ってきた
V3は今までのViperシリーズで一番形が良いかも




[24]
Viper V3の背の感じはNP-01SとXEに近いかな
形が同じじゃなくてフィーリングが似ている
左右対称のNP-01Sって感覚
センサー位置のせいで別物だけどこの位置は面白い




[25]
Viper V3数時間使った程度だけど
コーティングは手汗かきまくっても終始満足できるグリップ力
クリック感は光学式に比べたらだいぶ軽く感じたしこっちの方がいいかも
ホイールはノッチもクリックも軽く感じた




[26]
Viper V3 Hyperspeedの評価は形状もセンサー位置も個人の好みで分かれそうだけど
マウス本体の品質はしっかりしていて軋みやガタつきはないし
コーティングはDAV3 Fakerと同じで好き
メインボタンのクリック感は光学式より良いと言う人にも納得で軽い

形状はV2が手持ちの中でも一番好きだったからまったく異なるこれは正直微妙
頭頂部は高くなって幅狭くなった感じでつかみ持ちには合いそう
前寄りのセンサー位置は個人的にまったく問題なかった
センサーはRazerの最新・最上位のものだから文句なし

これがエンドゲームになるとは思わないけど
後から出るかもしれないProモデルのプロトタイプだと思って
先行投資してみるのもいいんじゃない?






つかみ持ち・つまみ持ちに適した新型のソリッドシェル、Razer Focus Pro 30Kオプティカルセンサー採用、耐久性6000万回のRazer 第2世代メカニカルマウススイッチ採用、100% PTFEマウスソール採用、Razer HyperSpeed Wirelessテクノロジー採用、1つのドングルで複数のデバイスを接続できるマルチデバイス対応、オンボードメモリ内蔵、ポーリングレート最大4000Hz対応(対応レシーバー別売り)、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。本体の形状は先代と別物で頭頂部が高くなり傾斜もその分キツくなり幅は少し狭くなった、先代の形状があまり合わなかった人はこれがドンピシャに合うかも、フロント寄りのセンサー位置は好みが分かれそうだがフロント寄りの方がむしろ良いと感じる場合もある、センサー自体はフラッグシップ機にも使われている最新版なので申し分ない、マイクロスイッチは旧世代の機械式だがクリック感は軽快で良好、バッテリーが乾電池で重量が80g超でも重心バランスが良いおかげか重さは気にならないし工夫次第で軽量化できる、表面のコーティングも有線モデルの「DeathAdder V3」(AA)と同じで良い、といった内容。

これを見た第一印象はセンサー位置は確実に人を選ぶし今の時代に乾電池仕様はどうかと思うし、次世代の第一号がこれって最近なんか迷走してるな・・・と思ったのが正直なところ。でも蓋をを開けてみれば懸念していた部分がむしろ好意的に捉えられていて新型の形状も好評で、人によっては短所を余裕で許容できるほど長所の恩恵が大きそう。好評と言っても全員が全員ではなく賛否両論でしたし実質廉価モデルという事も考慮すべきですが、見方を変えると今後出ると思われる上位モデルはもっと期待できそうですね。「Viper V3 HyperSpeed」は現在11,000円台の価格で販売されています。