Razerのゲーミングマウス『Razer Viper / Razer Viper Mini』の外観比較

Razer_Viper_and_Viper_Mini_01.jpg


海外で発売されているRazerのマウス「Razer Viper Mini」。
その名のとおり「Razer Viper」の小型版で重量はさらに軽い61g、そして通常モデルの半額近い価格も注目のゲーミングマウス。そこまで安いと色々な部分がコストダウンしていそうですが、両機の外観を比較したレポートがあったので見てみます。

Razerのゲーミングマウス『Razer Viper Mini』の分解・実重量レポート
https://watchmono.com/e/razer-viper-mini-dismantle





Razer_Viper_and_Viper_Mini_02.jpg



Razer_Viper_and_Viper_Mini_03.jpg



Razer_Viper_and_Viper_Mini_04.jpg



Razer_Viper_and_Viper_Mini_05.jpg



Razer_Viper_and_Viper_Mini_06.jpg



Razer_Viper_and_Viper_Mini_07.jpg
(via weibo)

サイズをおさらいしておくと、通常モデルはサイズ:幅66.2x奥行き126.73x高さ37.8㎜、Miniモデルは幅53.5x奥行き118.3x高さ38.3mm。その寸法が示すとおりMiniモデルの方が小さいけれども頭頂部は少し高い。また、各部を見ると色々違っていてMiniモデルの方は右側のサイドボタンが備わっていない、DPIボタンはホイール下の位置に搭載されている、両側面はサイドグリップが使われていない、LEDはロゴだけでなくボトムラインにも備わっている、ソールの素材が違うのも一目でわかる。レポートを巡ると表面処理も少し違うしViperを姿形そのまま小さくしたものではないと言われていたので、Viperの小型版ではなく同シリーズの廉価な小型モデルと見るのが正解なのかも。前述のとおり価格は通常モデルの半額近いので過度な期待もしない方がいいと思いますが、あとはその価格が日本でいくらになるのかが気になるところです。




Razer(レイザー)
売り上げランキング: 11