Razer、一般向けの情勢を変えそうなハイエンドクラスのワイヤレスマウス『Razer Pro Click』

Razer_Pro_Click_01.jpg


海外で見かけたRazerのマウス「Razer Pro Click」。
ゲーミングデバイスメーカーのRazerがオフィス製品で知られるHumanscaleと提携して一般向けのマウス・キーボードを出す模様。シリーズ第一弾の一つであるこれはゲーミングマウスなみのスペックを備えたワイヤレスモデルです。

Wired/Wireless Mouse for Productivity - Razer Pro Click
https://www.razer.com/gaming-mice/razer-pro-click/RZ01-02990100-R3U1





Razer_Pro_Click_02.jpg


Razer_Pro_Click_03.jpg


Razer_Pro_Click_04.jpg


Razer_Pro_Click_05.jpg


Razer_Pro_Click_06.jpg
(via weibo)

トップデザイナーによって設計されたエルゴノミックデザイン、Razer 5Gアドバンスドオプティカルセンサー採用、耐久性5000万回のマイクロスイッチ採用、計8個のプログラマブルボタン搭載、2.4GHz/Bluetoothのデュアルワイヤレスモード、最大200時間(2.4GHz)/最大400時間(Bluetooth)のロングバッテリー、最大4台のデバイス登録可能、金属製のチルトホイール採用、PTFEマウスフィート採用、サイズ:幅79.7x奥行き126.7x高さ45.7mm、重量:106g、主な仕様・特徴は以上。

基本スペックの数値から察するにセンサーやスイッチは「Razer Mamba Wireless」(AA)など旧世代のハイエンドクラスに使われていたものを採用しているのではないかと。このスペックでも最大200/400時間というバッテリーの長さを実現しているのはポーリングレートが125Hz固定になっている?。あと、他に気になる点といえば一般向けのハイエンドな新製品なのにインターフェイスがMicroUSBというのはマイナス要素かなと(キーボードの方がUSB Type-Cなのでなおさら)。

一般向けのハイエンドなワイヤレスマウスといえばロジクールとマイクロソフトくらいしか該当する製品を出しておらず、両社とも数年に一つ出す程度のサイクルなので選択肢は限られている状況。そこにフットワークが軽いRazerが参入してきたとなれば情勢は変わってくるでしょう。このモデルがロジクールの「MX Master 3」(AA)より優るものかと言えばそうとは思いませんが、反響が良ければシリーズ展開するかもしれませんし今後に期待が持てる流れですね。

<関連記事>Razer 『Razer Pro Click』 画像など ~ゲーミンググレードのスペックを備えた一般向けのワイヤレスマウス


ヒューマンスケール
売り上げランキング:658