Razer、Huntsmanシリーズの廉価モデルとなるTKLメカニカルゲーミングキーボード『Huntsman V3 X Tenkeyless』

Razer_Huntsman_V3_X_Tenkeyless_01.jpg


海外で見かけたRazerのキーボード「Huntsman V3 X Tenkeyless」。
Huntsman V3 Pro」などが出ているHuntsmanシリーズは今まで廉価モデルにあたるものは存在しませんでしたが、これはそれに該当するテンキーレスのメカニカルゲーミングキーボード。アナログオプティカルスイッチではなく今回が初出のBOXオプティカルスイッチを採用しています。

【公式サイト】Razer Huntsman V3 X Tenkeyless 雷蛇猎魂光蛛 V3 X 竞技版 | Razer 雷蛇中文官网




Razer_Huntsman_V3_X_Tenkeyless_02.jpg


Razer_Huntsman_V3_X_Tenkeyless_03.jpg


Razer_Huntsman_V3_X_Tenkeyless_04.jpg


Razer_Huntsman_V3_X_Tenkeyless_05.jpg


Razer_Huntsman_V3_X_Tenkeyless_06.jpg


Razer_Huntsman_V3_X_Tenkeyless_07.jpg
(via weibo)


シンプルなテンキーレスデザイン、耐久性1億回で高速トリガーを実現したRazer BOXオプティカルスイッチ(紫軸:1.5mm/55g・赤軸:1.2mm/38g)、Razer Chroma対応のRGBバックライト搭載、2色成形ABSキーキャップ採用、アルミニウム合金製のトッププレート採用、全キーのプログラム対応、サイズ:幅360x奥行き141mm、重量:約741g、主な仕様・特徴は以上。

スイッチに関してはラピッドトリガーやアクチュエーションポイント調整の記載がないので、Proモデルで使われているアナログオプティカルスイッチとは別物の下位グレードになるかと。でもカバーが半透明のパーツになっていて照明効果はProモデルより高いとのこと。価格に関しては中国の公式ストアだと現在899人民元(約20,000円)、Proモデルのテンキーレスは1,799人民元なのでおよそ半額。他の地域でも発売されるかはまだ不明です。