Razer、全体が発光してるように見えるマルチライティングゾーン搭載のRGBゲーミングマウスパッド『Firefly V2 Pro』

Razer_Firefly_V2_Pro_01.jpg


海外で見かけたRazerのマウスパッド「Firefly V2 Pro」。
2019年に発売された「Firefly V2」の後継機または上位モデルとなるハードタイプでRGBライティング搭載のゲーミングマウスパッド。同社の製品でRGBライティング搭載のものはいずれも側面が発光するタイプでしたが、これは全体が発光してるように見えるマルチライティングゾーン搭載を主な特徴としています。

【公式サイト】LED バックライト付きゲーミングマウスパッド - Firefly V2 Pro | Razer 日本



Razer_Firefly_V2_Pro_02.jpg


Razer_Firefly_V2_Pro_03.jpg


Razer_Firefly_V2_Pro_04.jpg


Razer_Firefly_V2_Pro_05.jpg
(via weibo)


低摩擦のマイクロテクスチャ仕上げ&LEDの光を増幅するハードマットの表面、Edge-to-Edgeのバックライト設計、カスタマイズ可能な15ゾーンのRGBライティング、滑りにくいラバーベース、取り外し可能なUSB Type-Cケーブル、背面にUSBポート搭載、ブラック・ホワイトの2色、サイズ:幅360x奥行き278x厚さ4.6mm、主な仕様・特徴は以上。

価格は公式サイトの日本円表示で16,980円。前述のとおり既製品のRGBゲーミングマウスパッドはどれも側面が光るタイプだったので、表面にも光が拡散して全体が発光してるように見える今作は斬新の一言。ただ、そう見えるかは視角によって変わるようですし公開されていた実機を見るにホワイトの方はなんというか拡散性がちょっと弱いかもしれません。