Razer、ケーブルが特別仕様になった定番ゲーミングマウス『Razer DeathAdder V2 Special Edition』

Razer_DeathAdder_V2_Special_Edition_01.jpg


海外で見かけたRazerのマウス「Razer DeathAdder V2 Special Edition」。
定番ゲーミングマウスのDeathAdderシリーズといえば従来より軽量化された「Razer DeathAdder V2」が最新モデルとして出回っていますが、これはケーブルを特別仕様にした”Special Edition”版。基本スペックは通常版と変わらずです。

Razer DeathAdder V2 Special Edition | Mice
https://www.razer.com/gaming-mice/razer-deathadder-v2/RZ01-03210200-R3M1





Razer_DeathAdder_V2_Special_Edition_02.jpg


Razer_DeathAdder_V2_Special_Edition_03.jpg


Razer_DeathAdder_V2_Special_Edition_04.jpg


Razer_DeathAdder_V2_Special_Edition_05.jpg


Razer_DeathAdder_V2_Special_Edition_06.jpg
(via facebook)

Razer Focus+オプティカルセンサー採用、耐久性7000万回のRazerオプティカルマウススイッチ採用、従来より軽量化されたエルゴノミックデザイン、プログラム可能な8ボタン搭載、ゲーミンググレードのタクタイルスクロールホイール、Razer Speedflexケーブル採用、100% PTFEマウスフィート採用、Razer Chroma対応のRGB LED搭載、5つのプロファイルを保存できるオンボードメモリ内蔵、といった点は通常版と共通。

カタログスペックの内容はまったく同じで、実機を見ても違いはケーブルのみ。そのケーブルはグリーンが散りばめられたタイプを採用、ただし素材は同じなので本当にグリーンが付け加えられただけ。公式サイトの価格は通常版と同額の69.99ドル。もしかしたら見えない部分に違いがあるのかもしれませんが、”Special Edition”の特徴がケーブルの色だけというのは正直インパクトに欠けますかね。