Razer 『Razer Cynosa V2』 画像など ~現代に合わせて最適化されたゲーミングキーボード

Razer_Cynosa_V2_09.jpg


2020年7月に発売されるRazerのキーボード「Razer Cynosa V2」。
Razer Cynosa Chroma」などが出ているCynosaシリーズの最新版となるゲーミングキーボード。従来と変わらず普通のメンブレンスイッチを採用しているモデルですが、今の時代に合わせて最適化されている印象もあり。ちょっと見てみます。

Chroma RGB バックライトキーボード Razer Cynosa V2
https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-keyboards-keypads/razer-cynosa-v2





Razer_Cynosa_V2_10.jpg


Razer_Cynosa_V2_11.jpg


Razer_Cynosa_V2_12.jpg


Razer_Cynosa_V2_13.jpg


Razer_Cynosa_V2_14.jpg


Razer_Cynosa_V2_15.jpg


Razer_Cynosa_V2_16.jpg


Razer_Cynosa_V2_17.jpg


Razer_Cynosa_V2_18.jpg


Razer_Cynosa_V2_19.jpg


Razer_Cynosa_V2_20.jpg


Razer_Cynosa_V2_21.jpg


キースイッチ:メンブレン、キーレイアウト:英語配列/日本語配列、ポーリングレート:1000Hz、ケーブル長:約2.1m、サイズ:幅463x奥行き167x高さ30mm、重量:850g、という仕様。静かでクッション性に優れたキーストロークのメンブレンスイッチ採用、キー個別にカスタマイズきでるRazer Chroma対応のRGBキーバックライト搭載、フルキープログラム対応、Nキーロールオーバー対応、音量調整も備えた専用メディアキー、2弾構成のスタンド搭載、3方向に通せるケーブル配線オプション、統合ソフトウェア・Razer Synapse対応、などが特徴。

キースイッチは何か手を加えているわけでもない至って普通のメンブレンで打鍵感も想像つくので語る事は特にありませんが、キーバックライトが個別でカスタマイズ可能、専用メディアキー・ケーブル配線オプションが追加、光沢パーツの排除、といった点を見ると現代に合わせて最適化された感があり。また、初代のChromaモデルが10,000円弱だったのに対してこのV2モデルは7,000円弱になっていますから、価格設定もある意味最適化された感があるでしょうか。っていうかCynosaシリーズ=エントリークラスなのに初代が割高すぎでしたね。




Razer(レイザー)
売り上げランキング:136