Razer 『Razer BlackWidow X Tenkeyless (LPL)』 画像など ~モノグラムデザインが目を引くTKLゲーミングメカニカルキーボード

Razer_BlackWidow_X_Tenkeyless_LPL_01.jpg


海外で発売されているRazerのキーボード「Razer BlackWidow X Tenkeyless (LPL)」。
League of Legendsのプロリーグを展開しているLPL(League of Legends Pro League)とRazerのコラボ製品を先日取り上げましたが、これはその中でも一番目を引いたゲーミングメカニカルキーボード。ちょっと見てみます。

RazerがLPLとコラボした独特なデザインのゲーミングデバイスを4製品出す
https://watchmono.com/e/razer-lpl





Razer_BlackWidow_X_Tenkeyless_LPL_02.jpg


Razer_BlackWidow_X_Tenkeyless_LPL_03.jpg


Razer_BlackWidow_X_Tenkeyless_LPL_04.jpg


Razer_BlackWidow_X_Tenkeyless_LPL_05.jpg


Razer_BlackWidow_X_Tenkeyless_LPL_06.jpg


Razer_BlackWidow_X_Tenkeyless_LPL_07.jpg


Razer_BlackWidow_X_Tenkeyless_LPL_08.jpg


Razer_BlackWidow_X_Tenkeyless_LPL_09.jpg


Razer_BlackWidow_X_Tenkeyless_LPL_10.jpg
(via weistang/geekpark)

キーレイアウト:87キー英語配列、キースイッチ:Razer Mechanical Switches(Green)、キー耐久性:8000万回、キーキャップ:ABS、ケーブル長:2m、サイズ:幅362x奥行き155x高さ41㎜、重量:850g、という仕様。LPLをモチーフにした特別仕様のデザイン、現バージョンのRazerメカニカルスイッチ採用、レッドのキーバックライト搭載、アルミニウム製トップカバーを採用したフローティングデザイン、Nキーロールオーバー対応&アンチゴースト機能、PCソフトウェア・Razer Synapse対応、などが特徴。

このキーボードでどこが目を引くかと言えば独特な配色になっているキーキャップもですが、タイトルで触れたとおりフレームに関連ロゴを散りばめたモノグラムデザインになっているところ。どこかのファッションブランドが頭によぎるこのデザインはキーボードだと今まで見た事がなく、カラーリング的にそこまで目立たないけれどもセンスの良さを感じたり。でもRazerのロゴで同じデザインをやると諄く感じるかもしれないので、コラボ製品だからこそできる事なのかもと思ったりもします。