『Razer BlackWidow V4 75%』レビューチェック ~ギミックやDIY要素を詰め込んだ75%メカニカルゲーミングキーボード

Razer_Blackwidow_V4_75_21.jpg


2023年9月に発売されたRazerのキーボード「BlackWidow V4 75%」。
同社の製品では初となる75%レイアウトのメカニカルゲーミングキーボード。後から登場したeスポーツ向けの「Huntsman V3 Pro」とは違ってホットスワップやガスケットマウントなどギミックやDIY要素を色々と詰め込んでいてマニアック感が強いモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Razer BlackWidow V4 75% コンパクトでホットスワップ可能なメカニカルキーボード

画像


Razer_Blackwidow_V4_75_22.jpg


Razer_Blackwidow_V4_75_23.jpg


Razer_Blackwidow_V4_75_24.jpg


Razer_Blackwidow_V4_75_25.jpg


Razer_Blackwidow_V4_75_26.jpg


Razer_Blackwidow_V4_75_27.jpg


Razer_Blackwidow_V4_75_28.jpg


Razer_Blackwidow_V4_75_29.jpg


Razer_Blackwidow_V4_75_30.jpg


Razer_Blackwidow_V4_75_31.jpg


Razer_Blackwidow_V4_75_32.jpg
(via bilibili)

製品仕様


キースイッチ:Razerメカニカルスイッチ(オレンジ)
キーレイアウト:日本語配列・英語配列
ポーリングレート:最大8000Hz
インターフェイス:USB Type-C
サイズ:幅321x奥行き155.4mm
重量:約950g


各所の反応


[1]
Razer、ホットスワップ対応で打鍵感にもこだわった75%ゲーミングキーボード
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1534590.html




[2]
ホットスワップで低レイテンシのゲーミングキーボードってあんまりない印象だけど
RazerのBlackWidow V4 75%は早いらしいから気になる




[3]
Razer BlackWidow V4 75%触ってきたけど打鍵感めっちゃいい
重すぎず軽すぎずの感じのタクタイル感




[4]
BlackWidow V4 75%買ってもうた
3万は高いなって思ったけどRazer好きなんで無問題




[5]
BlackWidow V4 75%
Razerのキーボードで打鍵感が一番良いと思えるくらい進化してる
ガスケットマウント+フォーム入りだから打鍵音がめっちゃ良い

ちなみにガスケットマウントはPCBを挟み込んで
押し込んだ時に沈み込んで衝撃を和らげる、だから打鍵音が向上する
それ知らない人は押し込んだ時に基盤が動くとかで不良品と思うかもしれないけど
そうじゃないからね




[6]
BlackWidow V4 75%
見た目もかっこいいし打鍵感もめちゃくちゃいい
ただグラフトのコイルケーブルが反応しない
Deathstoker V2では普通に使えてるのに




[7]
BlackWidow V4 75%のタイピング楽しい
DeathStalker V2 Proみたいなロープロに比べてちゃんと打ってる感じ
一方で打鍵音はDeathStalkerに比べてカタカタ鳴って周りに気を使う感じ




[8]
BlackWidow V4 75%買った
打鍵感がRazerの中でNo1だわ最高すぎる
ホットスワップ対応なのも嬉しい




[9]
Razerからまさかホットスワップ対応が出てきたのでBlackWidow V4 75%購入
照準のスイッチでも十分だったけどKeychron K Pro (赤) に換装してもう満足
打鍵感は気持ちいいしSynapseで自由にキー配置設定できるし
神キーボードの1つと思ってる




[10]
>>9
俺も衝動買いした
ガスケットマウントの塩梅で打鍵感めちゃくちゃ良い
スイッチ交換できるしなかなか面白い






75%レイアウトのコンパクトサイズ、第3世代Razerメカニカルスイッチ採用、ダブルショットABSキーキャップ採用、Chroma RGB対応のキーバックライト&2面アンダーグロー搭載、マルチファンクションローラー・専用メディアキー搭載、5052アルミ合金製トップケース・ガスケットマウント・潤滑スタビライザー・2層消音フォーム採用、キースイッチの交換が可能なホットスワップ対応、マグネット着脱のレザーレット製リストレスト、ポーリングレート最大8000Hz対応、ブラック・ホワイトの2色、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。打鍵感は同社のメカニカルゲーミングキーボードで一番と思うほど良い、ガスケットマウントと消音フォームがその打鍵感の良さに大きく貢献している感じ、一方で打鍵音はカタカタ鳴って気になるレベル、でも打鍵感や打鍵音はキースイッチ交換で好きなように最適化できる、ケーブルもドレスアップできるがUSB-C規格の問題?で使えないものがある、同類のタイプで8000Hz対応は見かけない、高額だがRazerが好きなら納得もできるし満足もできる、といった内容。

eスポーツ向けのHuntsman V3 Proとは違って性能・機能を他機と比べて議論するようなものでもありませんし、カスタマイズの面で遊べるけれども価格的にお遊びで買えるようなものでもありませんし、反響が少なめだったのも腑に落ちるところ。でも競合機がいない・・・強いて挙げるならASUSの「ROG Azoth」(AA)くらいで、同じ75%レイアウトでも個性は結構違いますからレアなタイプと言えるでしょう。レアなタイプなのにカラーはブラックとホワイトがあってキーレイアウトは日本語と英語があって計4モデルが用意されているのも強みですね。「BlackWidow V4 75%」は現在32,000~33,000円の価格で販売されています。