Razer、日本発売が決まった背面RGBライティング搭載&音声アシスタント対応のモニターライト『Aether Monitor Light Bar』

Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_release_01.jpg


2024年3月に発売されるRazerのモニターライト「Aether Monitor Light Bar」。
前面(白色)&背面(RGB)デュアルライティングや静電容量式タッチコントロールそれに音声アシスタント対応を特徴とする自身初のモニターライト。1月に海外で行われたイベントにてお披露目があってその時は3月発売予定と言われていましたが、日本でも予定どおり発売が決まりました。

【公式サイト】Razer Aether Monitor Light Bar - デュアルライティングオプション | Razer 日本



Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_release_02.jpg


Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_release_03.jpg


Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_release_04.jpg


Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_release_05.jpg


Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_release_06.jpg
(via Tom's Hardware/Game It)


前面に超ワイドなナチュラル照明の白色LED搭載(色温度:2700K-6500K、輝度:500lm)、背面にChroma RGB対応のRGB LED搭載、静電容量式タッチコントロール搭載、ほとんどのモニターサイズに対応する特別設計、スマートホーム(Matter)対応、音声アシスタント対応、各設定や対応機器との連携が可能なRazer Gamer Roomアプリ対応、主な仕様・特徴は以上。

価格は取り扱いを開始しているストアだと現在22,000円弱で予約受付中。公式サイトの日本円価格とほとんど変わらないので地域格差はないと言っていい価格設定ですが、モニターライトではおそらく一番高い高額品。でもBenQの「ScreenBar Halo」(AD)でも20,000円弱なので飛び抜けて高い存在というわけでもありませんし、機能性やネームバリューを考えると妥当とも思いますね。