Razer、RGB LED搭載や音声アシスタント対応も特徴とする自身初のモニターライト『Aether Monitor Light Bar』

Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_01.jpg


海外で見かけたRazerのモニターライト「Aether Monitor Light Bar」。
Razer Chroma対応のモニターライトは「Yeelight LED スクリーンハンギングライト」が出ていますが、Razerも自らの製品をリリースする模様。モニター上部に立て掛けるスタンダードなタイプで背面にRGB LED搭載やGoogleアシスタントやAmazon Alexaなどの音声アシスタント対応も特徴としています。

【公式サイト】Razer Aether Monitor Light Bar - デュアルライティングオプション | Razer 日本



Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_02.jpg


Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_03.jpg


Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_04.jpg


Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_05.jpg


Razer_Aether_Monitor_Light_Bar_06.jpg
(via Tom's Hardware)


前面に調節可能な白色LED&背面にRazer Chroma対応のRGB LEDを備えたデュアルライティング、2700K~6500Kの範囲で色温度を調整可能、湾曲型も問わずあらゆるモニターに対応する特別設計、静電容量式タッチコントロール搭載、GoogleアシスタントやAmazon Alexaなどの音声アシスタント対応、Razer Gamer Roomアプリ対応、公開されている主な仕様・特徴は以上。

北米公式サイトの価格は129.99ドル(日本円表示は21,880円)、発売時期は3月予定とのこと。上記のYeelightみたいにワイヤレスのコントロールポッドは備わっていませんが、音声アシスタントで基本操作ができるのであれば無くても十分そう。それにゲーミングモニター向けの製品はYeelightくらいしかマトモな選択肢がありませんでしたから、Razerが出すとなればシェアの面で状況が変わりそうですね。

【関連記事】Razer、日本発売が決まった背面RGBライティング搭載&音声アシスタント対応のモニターライト『Aether Monitor Light Bar』