RAPOO、日本でも3,600円で買えるようになったPAW3398採用で約68gのワイヤレスゲーミングマウス『VT9PRO』

RAPOO_VT9PRO_09.jpg


海外で発売されているRAPOOのマウス「VT9PRO」。
昨年夏ごろに出ていた約68gのソリッドシェルでPAW3398センサー採用や4KHz対応(レシーバー別売り)などを特徴とするワイヤレスゲーミングマウス。日本ではかつての正規代理店が製品をまったく取り扱わなくなったので縁のないものと思っていましたが、先日からAmazonで出回りだしたようです。

【公式サイト】VT9PRO - 双模轻量化无线电竞游戏鼠标 - 雷柏科技



RAPOO_VT9PRO_10.jpg


RAPOO_VT9PRO_11.jpg


RAPOO_VT9PRO_12.jpg


RAPOO_VT9PRO_13.jpg


RAPOO_VT9PRO_14.jpg
(via weibo)


左右対称・計10ボタンのソリッドシェル、PixArt PAW3398センサー採用、耐久性5000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、Nordic製のSoC採用、クリック感の均一性を実現したC+ Clickテクノロジー、800mAhバッテリー内蔵(電池寿命:最大160時間)、サイズ:幅67.1x奥行き124.9x高さ40.2mm、重量:約68g、ポーリングレート4000Hz対応(レシーバー別売り)、ワイヤレス充電対応(モジュール別売り)、主な仕様・特徴は以上。

販売しているAmazonでは現在5,999円の価格に40%割引きクーポンが発行されていて3,600円弱で買える状況。最近の中華系は低価格でもPAW3395センサー採用や4KHz対応や約50~60gの重量が普通になっているのであまり魅力的に映らないかもしれませんが、この価格なら拠点の中国とほぼ同額なので安いと言えば安い一品。また、「VT9Air」などこの後に登場したワイヤレスゲーミングマウスも日本で販売するようになったら要注目です。