RAPOO、自社のワイヤレスゲーミングマウスをポーリングレート4000Hz対応にするUSBレシーバー『V2M』

RAPOO_V2M_01.jpg


海外で見かけたRAPOOのレシーバー「V2M」。
ゲーミングデバイスを長く展開していものの近年はパッとしない印象を受けるRAPOOですが、オプションはトレンドをちゃんと意識しているようでこれは自社のワイヤレスゲーミングマウスをポーリングレート4000Hz対応にするUSBレシーバーです。

【公式サイト】V2M - V+无线游戏技术鼠标接收器(4K型) - 雷柏科技



RAPOO_V2M_02.jpg


RAPOO_V2M_03.jpg


RAPOO_V2M_04.jpg


RAPOO_V2M_05.jpg
(via zfrontier)

レシーバーは長いドングルタイプで接続状態が色で確認できるRGBインジケーターを搭載。カラーはブラック・グレーの2色あり。対応する自社のワイヤレスゲーミングマウスは現時点だとVT9・VT3Sの2製品。価格は中国の公式サイトだと99人民元(約1,900円)。前述のとおりRAPOOのゲーミングデバイスはパッとしないものばかりで4000Hzに対応する2つのワイヤレスゲーミングマウスは中華系の新鋭が出している製品と比べてもイマイチなものですが、これだけでなくワイヤレス充電対応のモジュールも出していたりとオプションに限っては本当に魅力的・・・なんでそれに相応しい本体を出さないのか不思議に思うくらい。とりあえず言える事はRAPOOのようなメーカーでも4000Hzを取り入れているわけですから、中華系の間では4000Hzが当たり前になっていきそうな予感がします。