RAPOO、全長115mmの小型サイズになったMX Master 3Sチックな多機能ワイヤレスマウス『MT760 Mini』

RAPOO_MT760_Mini_01.jpg


海外で見かけたRAPOOのマウス「MT760 Mini」。
昨年春ごろに出ていたロジクールの「MX Master 3S」を彷彿とさせる多機能なワイヤレスマウス「MT760L」、その小型版と言えるものが最近リリースされた模様。磁気誘導ホイールなど機能性はほぼそのままにサイズは全長125mm→115mmと小型化を実現、そして重量もその分だけ軽くなっています。

【公式サイト】MT760 mini - 多模式无线鼠标 - 雷柏科技



RAPOO_MT760_Mini_02.jpg


RAPOO_MT760_Mini_03.jpg


RAPOO_MT760_Mini_04.jpg


RAPOO_MT760_Mini_05.jpg


RAPOO_MT760_Mini_06.jpg



小型サイズになったサムレスト採用のエルゴノミックデザイン、アルミ合金製の磁気誘導スクロールホイール&サムホイール搭載、プログラム可能な計10ボタン搭載(ホイール含む)、2.4GHz/Bluetooth 5.0のデュアルワイヤレスモード&最大5台のデバイスを登録可能、800mAhバッテリー内蔵(電池寿命:最大160時間)、ワイヤレス充電対応(モジュール別売り)、ブラック・グレー・ローズの3色、サイズ:幅74x奥行き115x高さ42mm、重量:約88g、主な仕様・特徴は以上。

価格は中国の公式サイトだと現在199人民元(約4,200円)。ちなみにMT760Lはマイナーチェンジ版となるMT760が後から出ていたようで、これはその小型版と言えるもの。磁気誘導スクロールホイールを搭載していながら重量が90gを切っているのはかなり軽く思えますし、一般向けでワイヤレス充電に対応しているのも稀少ですから魅力的な要素が多め。また、ロジクールの方は今までの製品展開から考えて定番機の小型モデルを出す事はないはず・・・なのでMX Master 3Sのサイズや重量が無理と感じた人は注目すべきものでしょう。