『QCY H3』レビューチェック ~セール時に買うなら悪くない最大-43dBのANC搭載&ハイレゾ対応のBluetoothヘッドホン

QCY_H3_08.jpg


2023年10月に発売されたQCYのヘッドホン「QCY H3」。
QCY H2」の上位機種となるBluetoothヘッドホンで最大-43dBのアクティブノイズキャンセリングやハイレゾ対応(有線接続時)、それにマルチポイントやアプリ対応も特徴としているモデル。日本ではここの製品らしくセールやクーポンで値動きが激しい一品ですが、ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】QCY H3

画像


QCY_H3_09.jpg


QCY_H3_10.jpg


QCY_H3_11.jpg


QCY_H3_12.jpg


QCY_H3_13.jpg


QCY_H3_14.jpg


QCY_H3_15.jpg


QCY_H3_16.jpg


QCY_H3_17.jpg


QCY_H3_18.jpg
(via weibo)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:最大35時間(ANC ON)・最大60時間(ANC OFF)
充電時間:約2時間
ドライバー:40mm径ダイナミック型
インターフェイス:USB Type-C/AUX
重量:約260g


レビューサイト


ワイヤレスヘッドホンの5000円台コスパ最強はこれだ!QCY H3 レビュー | カジェログ

【QCY H3 レビュー】安価で多機能なワイヤレスヘッドホンを試す - 僕は猫だった

QCY「H3」レビュー。高音質さとノイキャン性能を持つ“売れる”ワイヤレスヘッドホン爆誕 | OKINAlog

1万円アンダーでこの機能性の『QCY H3』レビュー - 声オタおにじくんの声学審問H!

ファーストインプレ:QCY H3来たよ(PR:QCY) - ゆるふわオーディオ日記

最高のコストパフォーマンスを誇るQCY H3 ワイヤレスヘッドホンをレビュー | IT技術者のDTM奮闘記

QCY H3発売!コスパ抜群のノイズキャンセリングヘッドホン|ノイキャンよし、音質よし! | でじまろブログ

QCY H3をレビュー|多機能でコスパ最高なハイレゾ対応ワイヤレスヘッドホン - USEFUL TIME

【QCY H3 レビュー】6000円台で高音質&ノイキャン付きのワイヤレスヘッドホン | ガジェフロ

【QCY H3】音質・機能・価格を網羅した初めてにおすすめなヘッドホンをレビュー | ポテイモブログ

QCY H3をレビュー|多彩な機能と高音質を併せ持つハイコスパなワイヤレスヘッドホン | ツブヤク。

機能優秀の高コスパワイヤレスヘッドホン QCY H3 レビュー【提供 QCY】 | 繊細ガジェットレビュー



チタンコーティング振動板を採用した40mm径ダイナミックドライバー、ハイレゾ対応(有線接続時)、複数のモードを備えた最大-43dBのアクティブノイズキャンセリング、周囲の音を取り込む外音取り込みモード、ENCテクノロジーによるクリアな通話品質、ゲーミングモード・睡眠モード搭載、マルチポイント対応、QCYアプリ対応、ブラック・ホワイトの2色、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、音は良く言えば万人受けしそうな低音寄りのサウンドで悪く言えば特徴がない、ハイレゾ対応を謳っているが有線接続の音質は微妙だし機能は何も使えなくなるのでワイヤレスをメインに考えた方がいい、ノイズキャンセリングは強力ではないが価格を考えると合格点は出せる性能、外音取り込みは自然に聞き取れて優秀、アプリで色々できるしゲーミングモードやマルチポイントも備わっていて機能性は良し、装着感はイヤーパッドもヘッドバンドも柔らかくてなかなか快適、5,000円台で買うのであればオススメできる、といった内容。

各所の反応


[1]
QCY H3、2日ほど使った
音はドンシャリ
高音質ではないけど曲が楽しく聴ける音
ライトな使い方ならこれで充分
装着感はちょっと締め付け強め

ANCはアプリから「アダプティブ」「騒がしい」「通勤」の3つが選べる
表示だけだと何がどういう效果か分からないけど、使ってみた感じ左側にあるのが強く、右側が弱い
アダプティブが一番強い
アダプティブはこの価格とは思えない程外音をシャットアウトしてくれる
しかしANCを強くすると鼓膜を押さえつけられる感覚が不快に感じる
長時間の使用でアダプティブは辛い
通常は騒がしいか通勤で使うのがいいと思う
ANCボタンをダブルクリックでゲームモードになる

追記だけどANCのモードは3つじゃなくて5つあった
ANCの項目を横にスライドさせると前述の3つの他に「室内」「風切り音カット」が出てくる

微妙と思うのは有線のハイレゾ対応を謳っているのにその有線の音質が良くない事
無線の方がはるかに良い音
自分はBluetoothヘッドホンを有線で使う事はないので気にはしないけど

アプリの和訳や有線の事等しばしば変なところはあるが価格が安いので許容範囲
セール価格の5,000円台でこれなら驚異的なコスパと思う




[2]
QCYのH3、1ヶ月くらい使ったけど
いいところもあれば悪いところもあって清濁併せ持つ覚悟はいる
低価格機なんてみんなそんなものだけど

ANCは価格からすればかなり強力
ヘッドホン自体の遮音性も高い
しかし耳への違和感や圧迫もかなり強い
まるで数年前のANCみたいで最近の機種ではあまりないタイプ

音質はEQをいじれば悪くはない
EQ調整せずに聴くと低音が膨らむので嫌いな人は多そう
少し低音を抑えてやると価格からすれば及第点の音になる
H3を酷評してる人はおそらく素のままの音で評価してると思う
EQ必須という点では初心者向けではない

有線でハイレゾマークがついてるけど、わざわざハイレゾ取得した意味はほぼない
有線接続はものすごく残念な音質
ヘッドホン内部の構造的な問題なのかね
Bluetoothオンリーで聴く方がいい

人にもよるだろうが自分はマルチポイントは超絶便利

セールの値段で買うなら価格相応の商品だと思うが
EDIFIERやSOUNDPEATSからもマルチポイント対応の低価格ヘッドホンが出始めてるので
そちらの方がいい可能性もあり
中華製品はサイクル早いから数ヶ月したら改善したモデルチェンジ版が出るかも




[3]
H3買ったけど悪くないよ
少し低音寄りの音
これよりいい音やANC強いヘッドホンはたくさんあるだろうが
セールで5,000円台で買える事考えたら満足
倍以上の値段するSONY WH-CH720Nよりいい物だ
個人的にマルチポイント対応なのがツボを突いた
見た目がチープだけど安いのは事実なので
安いから雑に扱っても心傷まないし外に持ち出すヘッドホンとしておすすめ




[4]
QCY H3聴いてる
公式アプリのデフォルトでは音のこもりを無くす為にEQの220Hzが極端に下げられている
ここを下げるのはH3では正解だと思うが
自分の耳では下げすぎと思ったので「-8」を「-7」に微調整
後は臨機応変に
デフォルトの方がすっきりして一聴では見通しよくいい音に聴こえる

EQありきのヘッドホンだけど
有線で電源オフになるとEQが効かないので厳しい音になってしまう
無線でしか使う予定がないのでいいけど
有線の使用を想定しているなら避けた方がいいかも




[5]
QCY H3を手に入れた
約5,000円でこの感じならいい具合なんじゃないですかね
イヤーパッドもふわふわでいい感じ

音は低音強めかな?という気がするけど
逆に低音好きにはいいんじゃないですかね

価格帯が違うから比較対象に適さないかもしれないけどEDIFIER WH950NBの方が上質な音がする
QCY H3はWH950NBよりもっさり感がある






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音の傾向は低音寄りのドンシャリで楽しく聴けるサウンドだが素の音質は決して良いと言えない、アプリのEQでカスタマイズするのが前提の音と言える、有線接続の音質は微妙でハイレゾ対応の意味がないと言えるレベル、ノイズキャンセリングは価格を考えるとむしろ強力だが圧迫感も強い、本体の作りや質感はチープだが実際安いので価格なり、「EDIFIER WH950NB」(AA)のような価格が一つも二つも上のクラスとはさすがに明確な差がある、セール時の価格で買うのであれば悪くない、といった内容。

「QCY H3」は通常価格が6,980円、セールや割引クーポン発行時は5,000円台で販売中、海外の価格設定を考えると後者の方=セール時が適正価格だと思いますが、予算がそれくらいで気軽に使えるBluetoothヘッドホンを求めているのであれば良き選択肢の一つになりそうな印象。でも「SOUNDPEATS Space」(AA)みたいな強敵とも言える競合機が後から登場しており、そちらもセール時は同価格帯になるので更に安くならなければ分が悪いかなとも思います。