『Pulsar Xlite V3』レビューチェック ~3サイズ用意された第3世代のエルゴ系ワイヤレスゲーミングマウス

Pulsar_Xlite_V3_01.jpg


2023年12月に発売されたPulsarのマウス「Xlite V3」。
シリーズ第3世代となるエルゴノミックデザインのワイヤレスゲーミングマウス。主要パーツはもちろん最新仕様でポーリングレート4000Hz対応(4Kドングル使用)も特徴としているモデル。3サイズ用意されており個人的に後から追加されたLargeが気になったのでちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】Xlite V3 Gaming Mouse – Pulsar Gaming Gears Japan

画像


Pulsar_Xlite_V3_02.jpg


Pulsar_Xlite_V3_03.jpg


Pulsar_Xlite_V3_04.jpg


Pulsar_Xlite_V3_05.jpg


Pulsar_Xlite_V3_06.jpg


Pulsar_Xlite_V3_07.jpg


Pulsar_Xlite_V3_08.jpg


Pulsar_Xlite_V3_09.jpg


Pulsar_Xlite_V3_10.jpg

製品仕様


センサー:光学式
解像度:最大26000DPI
トラッキング速度:650IPS
最大加速度:50G
ポーリングレート:1000Hz(オプションの4Kドングルで4000Hz対応)
ボタン数:5個
通信規格:2.4GHz
バッテリー:内蔵
電池寿命:最大100時間
インターフェイス:USB Type-C

サイズ/重量(Mini):幅63.4x奥行き115.6x高さ40.7mm/約52g
サイズ/重量(Midium):幅66x奥行き122x高さ43mm/約55g
サイズ/重量(Large):幅69.5x奥行き126.6x高さ44.5mm/約58g


メディア・レビューサイト


Pulsarの右利き用ゲーミングマウス「Xlite V3」が発売 - AKIBA PC Hotline!

Pulsar Xlite V3 (Size 2) / Xlite V3 eS (Size 2) レビュー | DPQP

Pulsar Xlite V3 レビュー。穴どこいった?進化点が多すぎるぞ! | GameGeek

Pulsar Xlite V3 eSゲーミングマウスレビュー!発売日、重さなど - JUNUJ - pippin

Pulsar Xlite V3 eS 買いました(れびゅーもどき) - ゲームと本と映画とかもめ



PixArt PAW3395センサー採用、光学式スイッチ採用、Nordic製のMCU採用、ラグや遅延のない低電力の2.4GHzワイヤレステクノロジー、右手のパームグリップ用に設計された高剛性&軽量のエルゴノミックデザイン、左右のボタンを分割したスプリットクリック機構、精密ボールベアリングやPulsar Blueエンコーダーを採用した最新設計のホイール、オプションの4Kドングルでポーリングレート4000Hz対応、専用ソフトウェアあり、Mini・Midium・Largeの3サイズ、ブラック・ホワイトの2色、などが特徴。また、OLEDパネル搭載や金属ホイールなどを特徴とするeSモデルもあり。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、先代のV2とは違った形状になっていてより軽く握りやすくなった感があり、スプリットクリック機構になったメインボタンも押しやすくなった、クリック感は光学式らしいと言える感触で応答速度は速い、サイドボタンはクリスピーでやや硬めのクリック感、ホイールは軽くてノッチ感は強めの回転具合、シェルの剛性は非常に高くて頑丈、表面のコーティングは滑りづらくて優秀だが汚れは目立ちやすい、センサーの精度は申し分なし、先代の欠点を解消したうえに進化している形、エルゴ系のワイヤレスゲーミングマウスとして新たな選択肢になるし価格を含めたトータルバランスも非常に良い、といった内容。

各所の反応


[1]
Xlite V3
クリック感はDAV3と似ているということで光学スイッチのクリック感であることには変わりないようだ
光学スイッチのクリック感が嫌な人にはこのマウスも向いていないだろう

サイズ感はEC2より僅かに小さく感じるってのは意外だね
カタログの寸法だとEC2より僅かに太く高い感じだが
eSモデルのアルミニウムホイールもノーマル版と同様に回し心地は軽いみたい




[2]
Xlite V3とXlite V3 eS
クリックボタンのプリ&ポストトラベルはeSの方が僅かに少ない個体差の可能性あり
(V3の方が遊びの分クッション性がある)
ホイールはeSの方が高さや幅があってより軽い回し心地
コーティングはeSの方がzowieのコーティングにより近いグリップ性の高さ
とスペックに表れてない細かい違いがあるみたい




[3]
Xlite V3 LargeはDeathAdder V3に近いサイズ感か



[4]
Xlite V3 LargeはDAV3の実寸より更に少し太く少し高くて
EC1の長さ縮小版って感じだな




[5]
Xlite V3届いた

重量はEC2-Cより明らかに軽くてDeathAdder V3と同じくらいの体感

握ったサイズは手持ちのEC2-Cとほぼ変わらないと思う
コーティングはEC2-Cよりちょっとだけ滑ってDeathAdder V3よりは噛む
XM1rと同じか僅かに下ってくらいで絶対的には滑らないコーティングだと思う

マウスの高さとか幅は正直EC2-Cと違いがよくわからない
少なくとも手持ちのDeathAdder V3より少し低く細くてEC2-Cと同じくらい
長さはEC2-Cより僅かに短いけど先端を持つわけじゃないし
お尻側を手首にしっかり密着させてもいないから正直違いがわからない

完全にMサイズのマウスで
持ってないけどXlite V2とは大きさやシェイプの傾向は恐らく殆ど変わらないと思う

シェイプで唯一EC2-Cと違うのはメインの左右ボタンに窪みができて
EC2-Cより指先の高さがほんの僅かに下がってる感覚あって
マウスホイールはEC2-Cより高さと前後幅があることくらい




[6]
ホイール回転はEC-2Cより少し軽くて連続スクロール向けのノッチ感で
DeathAdder V3より少し重く、ホイール連続クリックのしやすさはEC2-Cと同じくらい

サイドボタンの高さはEC2-Cと同じくらいで
DeathAdder V3より少し高い位置にあって個人的に好みの位置
EC2-CやDeathAdder V3と同じくカチカチッっとした押し心地

メインボタンのクリック感はDeathAdder V3より軽いと思う
光学スイッチらしさみたいなものは手持ちのDeathAdder V3やViper 8KHzと比べると
スイッチが軽い分あんまり感じない

でもEC2-CやXM1rと比べると
タクタイルしてる時のカチカチッっと短く歯切れの良い感じ?はそうでもないので
やっぱり光学式なのではないかと

あと個人的にDeathAdder V3のソールはとても滑ると感じるけど
Xlite V3のソールもそれより僅かに下って程度にはよく滑ると感じた

チルト持ちや長時間使用に向いたインテリクローン形状の伝統的エルゴマウスを求めてて
EC2-CWサイズのまともなマウスをもっと安い値段で手に入れたいとか
Xlite V2の穴開きが嫌だって人には普通に買いなんじゃないか




[7]
Xlite V3届いた
普通にいいエルゴマウスやね




[8]
Xlite V3はeS版で不具合報告がちらほら出ているけど
無印版は未だに見かけないので在庫が回復したら手に入れたい




[9]
Xlite V3はノーマルの方が決定版でeSはV4待ちだと思う



[10]
小型のエルゴノミクスマウスってPulsar Xlite V3 Mini以外にある?



[11]
>>10
小型と言えるほどか怪しいけどEC3-CWとか
あとは有線で品薄だけどDeathAdder V2 Mini
ちっちゃいエルゴは少ないね




[12]
Xlite V3良かったよ
V2はホイールは微妙だったけど改善されてるわ




[13]
Xlite V3とV2は形がまったく一緒なんだっけ?



[14]
>>13
V2はほとんどEC2と同じだけど
V3は少しDeathAdder V3寄りになってるな




[15]
Xlite V3のDeathAdder V3より少し小さい感じがドンピシャだった
現行の白買おうか限定版が出るの待とうか悩む




[16]
Xlite V3とDeathAdder V3は後部シェイプがよく比較されるけど
右下の方はDeathAdder V3とEC2が似ててXlite V3(M)は微妙に角張ってるような曲がり方で
小指の第三関節に形状的に噛みやすくなってるね
使い始めは力を入れた際に骨に逆に圧迫感いきすぎて微妙かと思ったが
使ってる内に握りやすいと感じられるようになった






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。他のエルゴ系と比べてサイズ・形状をどう感じるかは人による、表面のコーティングは滑らない部類に入る、メインボタンは他の光学式に比べると軽いクリック感、ホイールは先代と比べて改善されている、小型のエルゴ系は少ないのでMiniサイズは貴重、Razerの「DeathAdder V3 Pro」(AD)が好きな人はこちらの方がさらに良くて手に合う可能性も、といった内容。

スペックは全面的に文句なしの最新仕様で3サイズも用意されている点は大きなアドバンテージとなりそう。個人的にDeathAdderみたいな大きめのエルゴノミックデザインが好みなので、コーティングなど各部の評価が高いうえにLargeサイズもある当機は非常に魅力的。価格は名が挙がっていた競合機に比べたら割安な方ですしオプションの4Kドングルもそんなに高くないですし、これはエルゴ系のワイヤレスゲーミングマウスとして新定番になりそうですね。「Xlite V3」は現在13,000円台の価格で販売されています。