Philips、低価格で出してきたエントリークラスのオープンイヤー型完全ワイヤレスイヤホン『TAT3708』

Philips_TAT3708_01.jpg


海外で見かけたPhilipsのイヤホン「TAT3708」。
TAA6708」以来の新製品となるオープンイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン。TAA6708のようにメカニカルなパーツを使っているわけでもなくスタンダードなタイプと言えるエントリークラスですが、同社の製品にしては珍しく適正価格で出しているようです。

【公式サイト】Product: TAT3708



Philips_TAT3708_02.jpg


Philips_TAT3708_03.jpg


Philips_TAT3708_04.jpg


Philips_TAT3708_05.jpg
(via weibo)


通信方式:Bluetooth 5.3、コーデック:SBC、連続再生時間:約6時間、充電時間:約2時間、防水性能:IPX4、耳をふさがないオープンイヤー型、耳にしっかりフィットするイヤーフックデザイン、DEAA技術によるHIFIサウンド、AIアルゴリズムによるクリアな通話品質、最大24時間再生を可能とするバッテリーケース、ブラック・ホワイトの2色、主な仕様・特徴は以上。

価格は情報が出ていた中国の公式ストアだと現在199人民元(約4,100円)。見た目からしてエントリークラスらしいデザインでスペックも特筆する点はありませんが、Philipsの完全ワイヤレスイヤホンはスペック的にエントリークラスでも目を疑うような価格設定になっているものが割とあったので、適正価格で出すようになったのはいい事だと思います。