Philips、下位モデルとなるハイブリッドANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン『T5505』

Philips_T5505_01.jpg


海外で見かけたPhilipsのイヤホン「T5505」。
T8505」の下位モデルとなるハイブリッド方式のアクティブキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。こちらはショートスティックデザインでアウェアネスモードやアプリ対応など機能性は上位と変わらない内容になっています。

True wireless kulak içi kulaklık TAT5505BK/00 | Philips
https://www.philips.com.tr/c-p/TAT5505BK_00/5000-series-true-wireless-kulak-ici-kulaklik





Philips_T5505_02.jpg


Philips_T5505_03.jpg


Philips_T5505_04.jpg


Philips_T5505_05.jpg


Philips_T5505_06.jpg
(via zol.com)

ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能、周囲の音を取り込むアウェアネスモード、パワフルでクリアなサウンドを提供する8㎜径ダイナミックドライバー、パッシブノイズアイソレーションを最大化させる楕円形のアコースティックチューブ、クリアな通話を実現するデュアルマイク、IPX5の防水性能、最大3回分の充電が可能なバッテリーケース、専用アプリ・Philips Headphones app、主な仕様・特徴は以上。

オフィシャルストアの方を参考にすると通信方式はBluetooth 5.1、連続再生時間は約4.5時間(ANCオン)。上位のT8505とは採用しているBluetoothチップが違う可能性があり、同じハイブリッドのANC機能でも性能差があるのかも。価格はT8505の3割近く安い設定。日本ではPhilips自身が正規品を発売する事は多分ないと思いますが、この部門では平凡なものばかり出していたPhilipsも最近の製品を見るとようやく本腰を入れてきた感じがしますね。




PHILIPS(フィリップス)
売り上げランキング:3,570