Philips、QCC3046を採用したスティックデザインの完全ワイヤレスイヤホン『T3235』

Philips_T3235_01.jpg


海外で見かけたPhilipsのイヤホン「T3235」。
ANC搭載の「T8505」など完全ワイヤレスイヤホンの部門で新たな動きを見せているPhilipsですが、それに続くこの新製品はQualcomm QCC3046のBluetoothチップ採用を主な特徴としているスティックデザインのモデルです。

Philips/飞利浦 T3235真无线蓝牙降噪运动耳机苹果华为小米耳机-tmall.com天猫
https://detail.tmall.com/item.htm?id=626682120853&skuId=4447062132179





Philips_T3235_02.jpg


Philips_T3235_03.jpg


Philips_T3235_04.jpg


Philips_T3235_05.jpg
(via weibo)

通信方式:Bluetooth 5.2、コーデック:aptX/AAC/SBC、連続再生時間:約6時間、重量:3.8g、セミインイヤー型のスティックデザイン、IPX4の防水性能、Qualcomm QCC3046のBluetoothチップ採用、13㎜径ダイナミックドライバー、最大3回分の充電が可能なバッテリーケース、ブラック・ホワイト・ピンクの3色、主な仕様・特徴は以上。今のところ製品情報を公開しているところは中国のオフィシャルストアのみで、そこでの価格は599人民元(約9,300円)。

最新のBluetoothチップとなるQCC3040系を採用しているものはまだ数少ないですし、シリーズ内で上位となるQCC3046は他に2つしか知りませんからPhilipsにしては先取りしてきた印象。ただ、aptX AdaptiveもTrueWireless Mirroringも記載がないのでQCC3040系の強みを最大限に活かしていない感もあり。それにハイエンドとも多機能とも言えないスペックなのに上記の価格では割高感が否めず。ここの完全ワイヤレスイヤホンはなんというかどれも一押しが足りませんね。




PHILIPS(フィリップス)
売り上げランキング:3,570