Philips、55インチ/4K UHDで120Hzを実現している大型ゲーミングモニター『558M1RY』

Philips_558M1RY_01.jpg


海外で見かけたPhilipsの55インチ液晶モニター「558M1RY」。
同社の一般向けで一番大きいサイズは「436M6VBPAB/11」の42.51インチでしたが、これはそのサイズを一気に更新する事になる55インチのモデル。しかも4K UHD解像度でリフレッシュレート120Hzを実現しているゲーミングモニターです。

4K HDR display with Ambiglow 558M1RY/00 | Philips
https://www.philips.co.uk/c-p/558M1RY_00/momentum-4k-hdr-display-with-ambiglow





Philips_558M1RY_02.jpg


Philips_558M1RY_03.jpg


Philips_558M1RY_04.jpg


Philips_558M1RY_05.jpg


Philips_558M1RY_06.jpg


Philips_558M1RY_07.jpg


Philips_558M1RY_08.jpg
(via zol.com)

画面サイズ:55インチ、パネル:VA、解像度:3840x2160、応答速度:4ms(GTG)、コントラスト比:4000:1、輝度:750 cd/m2、視野角:178/178、映像端子:HDMI x3/DisplayPort、主な仕様は以上。リフレッシュレート120Hz、ディスプレイ同期技術・Adaptive-Sync対応、VESA DisplayHDR 1000認証、SmartImage game(プリセット)・MultiView(PIP/PBP)・フリッカーフリー技術・ローブルーモード、Bowers & Wilkins製2.1chスピーカーシステム搭載、背面のRGB LEDがコンテンツに連動して発光するAmbiglow機能、専用リモコン同梱、などが特徴。

基本スペックの高さはもちろんとしてサウンドバーが一体化しているデザインは斬新ですし、揃うものが揃っているので随分と見どころの多い大型モデル。55インチ級のゲーミングモニターはDELL ALIENWAREの「AW5520QF」(AA)が存在するので世界初ではありませんが、AW5520QFはパネルが有機ELだったのに対しこちらはVAなので価格設定はそこまで高くない模様。参考に情報が出ている中国では12,999人民元(約195,000円)。AW5520QFはその倍以上しますから大型サイズの敷居を下げる期待の新星になるかもしれません。




Philips(フィリップス)
売り上げランキング:432