Philips、見た目はビジネス向けと言えるEvniaブランドの31.5インチ IPSパネル UHD 144Hzゲーミングモニター『32M2N6800M』

Philips_32M2N6800M_01.jpg


海外で見かけたPhilipsの31.5インチ液晶モニター「32M2N6800M」。
展開をはじめてからそろそろ1年になるEvniaブランドの新たなゲーミングモニターは1152分割のMini LED採用のUHD IPSパネルでリフレッシュレート144Hzというスペックのハイエンドモデル。アンビエントライトも搭載していますが鉛灰色の渋いカラーリングはビジネス向けかと思わせる外観です。

【公式サイト】Gaming Monitor 4K UHD 游戏显示器 32M2N6800M/93 | Evnia -飞利浦



Philips_32M2N6800M_02.jpg


Philips_32M2N6800M_03.jpg


Philips_32M2N6800M_04.jpg


Philips_32M2N6800M_05.jpg


Philips_32M2N6800M_06.jpg


Philips_32M2N6800M_07.jpg
(via zol.com)


画面サイズ:31.5インチ、パネル:IPS、解像度:3840x2160、輝度:700 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort、主な仕様は以上。1152分割のMini LED採用のUHD IPSパネル、リフレッシュレート144Hz、VSEA DisplayHDR 1000認証、スマートクロスヘアなどのゲーム機能、Ambiglow(アンビエントライト)搭載、SmartErgoBase(スタンド)搭載、などが特徴。

独特なデザインの本体やアンビエントライト搭載は同シリーズの既製品と同じなのですが、前述のとおりカラーが今までになかった鉛灰色。このデザインでこのカラーリングはゲーミングよりビジネスのシーンで映えそうな印象。発売日・価格等は現時点で不明・・・というかEvniaブランドはグローバルサイトの一覧を見ると17製品あって日本で一つも発売されていませんから縁のないものと見ておいた方がいいかもしれません。