Perixx、メンブレンスイッチでは世界初となる完全ワイヤレスの左右分離型キーボード『PERIBOARD-624』

Perixx_PERIBOARD-624_01.jpg


海外で見かけたPerixxのキーボード「PERIBOARD-624」。
近年はエルゴノミクス系のマウスやキーボードをメインに手がけているPerixxの新たなワイヤレスキーボード。メンブレンスイッチではおそらく世界初になると思いますが左右分離型で左右間をつながなくていい完全ワイヤレスのモデル。日本でも既に販売されているようです。

【公式サイト】PERIBOARD-624ワイヤレス スプリット キーボード ブラック US配列 – Perixx Japan



Perixx_PERIBOARD-624_02.jpg


Perixx_PERIBOARD-624_03.jpg


Perixx_PERIBOARD-624_04.jpg


Perixx_PERIBOARD-624_05.jpg


Perixx_PERIBOARD-624_06.jpg


Perixx_PERIBOARD-624_07.jpg
(via Amazon)

84キー英語配列・パームレスト一体型の左右分離型デザイン、薄型で静音のメンブレンスイッチ採用、左右間をつなげない完全ワイヤレス仕様(2.4GHz)、付属のマグネットスタンド複数の高さ調整が可能、バッテリー:単四電池4本、サイズ:幅361x奥行き215x高さ28mm、重量:645g、主な仕様・特徴は以上。価格は現在8,500円弱で販売中。ちなみに有線モデルもあり

左右分離型のキーボードはFILCOの「Majestouch Xacro M10SP」(AA)が10月に発売されるなど複数存在しますが、完全ワイヤレス仕様は自分の知る限りだとAngry Miaoの「AM HATSU」くらいで他に存在するとしてもメカニカルスイッチのはず。なのでメンブレンスイッチは世界初になると思いますし競合機を出してきそうなメーカーも思いつきませんし、オンリーワンな一品になるかもしれませんね。