パナソニック 『Technics EAH-AZ60M2』 レビューチェック ~音の好み次第では上位より良いANC完全ワイヤレスイヤホン

Panasonic_Technics_EAH-AZ60M2_09.jpg


2023年6月に発売されたパナソニックのイヤホン「Technics EAH-AZ60M2」。
Technics EAH-AZ60」のリニューアル版とも後継機とも言えるTechnicsブランドのANC完全ワイヤレスイヤホン。同時にリリースされた「Technics EAH-AZ80」の登場によってこちらは下位モデルの位置付けになりましたが、音の好みで上位よりこちらを選んでいる人もいる模様。ちょっとチェックしてみます。

【公式サイト】EAH-AZ60M2|Hi-Fi オーディオ - Technics(テクニクス)

画像


Panasonic_Technics_EAH-AZ60M2_10.jpg


Panasonic_Technics_EAH-AZ60M2_11.jpg


Panasonic_Technics_EAH-AZ60M2_12.jpg


Panasonic_Technics_EAH-AZ60M2_13.jpg


Panasonic_Technics_EAH-AZ60M2_14.jpg


Panasonic_Technics_EAH-AZ60M2_15.jpg


Panasonic_Technics_EAH-AZ60M2_16.jpg


Panasonic_Technics_EAH-AZ60M2_17.jpg


Panasonic_Technics_EAH-AZ60M2_18.jpg


Panasonic_Technics_EAH-AZ60M2_19.jpg
(via technave/unwire)

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.3
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
コーデック:LDAC/AAC/SBC
連続再生時間(LDAC/ANC ON):約4.5時間
連続再生時間(AAC/ANC ON):約7時間
充電時間:約2時間
ドライバー:8mm径ダイナミック型
再生周波数帯域:20 - 40,000Hz
防水性能:IPX4
重量(イヤホン):約7g
重量(ケース):約45g


メディア・レビューサイト


Technics、LDAC対応で“3台マルチポイント”のTWS「EAH-AZ80/EAH-AZ60M2」 - AV Watch

死角なしの高性能完全ワイヤレスイヤホン テクニクス EAH-AZ60M2 レビュー | 繊細ガジェットレビュー

【レビュー】EAH-AZ60M2 | テクニクスの新作ワイヤレスイヤホンが最高すぎた | REOTANの部屋

Technics EAH-AZ60M2を開封して設定して簡易レビュー。 | ULTRA-Base Blog



バイオセルロース振動板を採用したダイナミックドライバー、音の広がりや奥行きをリアルに再現するアコースティックコントロールチャンバー&ハーモナイザー、EQブロックの処理をシンプル化で音質の劣化を防止、業界最高クラスのデュアルハイブリッドノイズキャンセリング、状況に合わせて選べる2つのアンビエントモード、独自の通話音声処理技術によるクリアな通話品質、3台マルチポイント対応、ワイヤレス充電対応のバッテリーケース(最大24時間再生が可能)、イヤーピース7セット付属、スマートフォンアプリ・Technics Audio Connect対応、ブラック・シルバーの2色、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、音質は深くキレのある低音や解像感・分離感が素晴らしい、ノイズキャンセリングは最上級と言えないけれども十分強力で圧迫感が少ないのも良い、アンビエントモードは自然に聞き取れるし風切り音に強いし先代より進化している、タッチコントロールの操作性は良好でカスタマイズ性も高い、アプリは機能が豊富かつ使いやすい、個人的に気になる点はあるが明確な欠点はこれといってない、人によっては上位モデルとの差をあまり感じないかもしれないし条件次第では当機の方が良いという場合もある、といった内容。

各所の反応


[1]
上位機種AZ80が話題だけど、あえてAZ60M2を買ってみた
ただのマイナーチェンジモデルではなかった
機能面はもちろんとして音が思っていた以上に進化していて驚いた
先代のユーザーも買い替えの価値あり




[2]
EAH-AZ80も聴いたけどEAH-AZ60M2にした
60シリーズの方が煌びやかで好き
中高音や女性ボーカルが前に出てくる感じ
どちらが良いかは音の好みだとも思う




[3]
AZ60M2で2万円を超えるワイヤレスイヤホンを初めて買ったけど
ノイキャンや重低音が感動的すぎる・・・




[4]
AZ80とAZ60M2試聴してきたけど、60M2の音は噂通り中々いい感じだった。
でもAZ80はここまで綺麗に耳の中に収まるのは初めてかもと思うほど形状が良い。




[5]
AZ60M2と上位のAZ80で迷ったけど
試聴しても1万円の差が感じられなかったのでAZ60M2買っちゃった




[6]
AZ80はクセのない綺麗な音で確かに良い
AZ60M2は低域にパンチがあってロックだとこっちの方が良い




[7]
EAH-AZ60M2は音のメリハリがしっかりあって疾走感があってダイナミック
無音の時がちゃんと無音なのも良い
2万円台のTWSではトップレベルでは?




[8]
AZ60M2良すぎたから手持ちのイヤホン断捨離しようかと。
NuraTrue Proも持ってるけどaptX Lossless対応のスマホ持ってないし。




[9]
AZ60M2聴いてる。
1万円未満のイヤホンとここまで違うのかと思うほど高音の響きが違う。
上位のAZ80は聴いてないのでどれほど違うのか気になってくる。
マルチポイント3台接続とLDAC接続が共存できないのは唯一の残念な点。




[10]
AZ80とAZ60M2の音は全然違うと言われてるが
俺の耳では差異がまったくわからんかった
AZ80のコンチャフィットの良さはハッキリと感じられた




[11]
コンチャフィットが合わなくて
AZ60M2の方がつけ心地いいって人は場合もある
大きさもひと回り小さいしな




[12]
60と80では低域の質に結構差があるよ
60は少し低域に締まりが無くボワついて聴こえる
80は低域がボワつかず締まって聴こえる




[13]
AZ60M2は知らないけど
旧AZ60とAZ80は一聴して分かるくらい全然違うよ




[14]
EAH-AZ80/AZ60M2試聴
AZ60M2は先代と比べても音が進歩している
AZ80はコンチャフィットの装着感が素晴らしい




[15]
AZ60はウォームで低音寄りだね
悪くないけどAZ80のクリアさが凄くて歴然の差がある




[16]
Technicsの2つ聴いてきたけど
言われてるとおりAZ80とAZ60M2でチューニングが全然違った
AZ60M2はありがちな低音寄りのチューニングだったが
AZ80のチューニングはなかなか無いチューニングだった
自分はAZ80の音が好き




[17]
AZ80とAZ60M2の音は全く別物だよな
俺はAZ60M2の方がパンチ効いてて断然好みだった




[18]
AZ60からAZ60M2に買い替えたけど接続の安定性は段違いに良くなった
ノイキャンやトランスペアレントも明確に良くなってる




[19]
AZ60M2買った
超久々のTWS購入だから音質やノイキャンや外音取り込みはいいねとしか言えないけど
3台同時接続がありがたい、スマホとiPad2枚をすぐ切り替えれてとても便利






各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は低音寄りで疾走感がある&パンチの効いたサウンド、上位のEAH-AZ80と格差を感じるかは人によるしどちらの音が良いと感じるかも人による、先代と比べて音質が良くなっているしANCや外音取り込みも進化しているし単なるマイナーチェンジではない、3台マルチポイントは端末を複数使っていると非常に便利(ただしLDAC併用はできない)、同価格帯の中ではトップレベルの総合力で先代のユーザーも買い替える価値は十分ある、といった内容。

上位のEAH-AZ80と比べて音は大して違わないという声もあればまったく別物だという声もあってどう聴こえるかは個人差が出そうですが、EAH-AZ80は中高音が際立っている上品なサウンドで当機は低音寄りの元気なサウンドという印象。なのでどちらの音が良いかは好み次第になりそうですし、万人受けしそうなのは当機にも思えるのでこちらを選んでいる人がいるのも納得でしょうか。また、先代からあまり変わってないように見えて実際は色々と向上しているようですから、型落ちの先代が安くなっていてもこちらの方を選んだ方がいいかもしれませんね。「Technics EAH-AZ60M2」は現在28,000円前後の価格で販売されています。