ワイヤレストラックボール『Orbit Fusion Wireless Trackball / DEFT PRO』の外観比較

Orbit_Fusion_Wireless_and_DEFT_PRO_01.jpg


海外で発売されているKensingtonのトラックボール「Orbit Fusion Wireless Trackball」。
特許取得済みのスクロールリングを搭載したOrbitシリーズのワイヤレストラックボールで、エレコムの「DEFT PRO」を明らかに意識して作ったであろうモデル。その両モデルの外観を比較したレポートが投稿されていたので見てみます。

Kensington 『Orbit Fusion Wireless Trackball』 画像など ~スクロールリング搭載&人差し指操作のワイヤレストラックボール
https://watchmono.com/e/kensington-orbit-fusion-wireless-trackball-gallery





Orbit_Fusion_Wireless_and_DEFT_PRO_02.jpg


Orbit_Fusion_Wireless_and_DEFT_PRO_03.jpg


Orbit_Fusion_Wireless_and_DEFT_PRO_04.jpg


Orbit_Fusion_Wireless_and_DEFT_PRO_05.jpg


Orbit_Fusion_Wireless_and_DEFT_PRO_06.jpg


Orbit_Fusion_Wireless_and_DEFT_PRO_07.jpg


Orbit_Fusion_Wireless_and_DEFT_PRO_08.jpg
(via Amazon/imgur)

まずOrbit Fusionの実寸が公開されていたのでそちらを見てみると、奥行きが4.8インチ(約121.9mm)、幅が約3.5インチ(約88.9mm)。DEFT PROは幅91.4x奥行き133.4x高さ57.3mmというサイズなのでOrbit Fusionの方が小さい事になる、でも並べた光景を見ると逆に大きいのでは?と思ったりする。おそらく高さがあるのとボールの位置がそう見せるのかも。DEFT PROは自分も持っていてどちらかと言えば手が大きい人向けの印象ですが、より極端な形状でボールの位置も高いとなるとOrbit Fusionも手が大きい人向けになるでしょうか。ボール・スクロールリング・サイドボタンの操作性も想像ではピンときませんから、合うか合わないかはやっぱり実際に持ってみないとですね。




Kensington
売り上げランキング: