OPPO、これがグローバル版の廉価モデルとなるアスペクト比7:5の11.4インチ Androidタブレット『OPPO Pad Neo』

OPPO_Pad_Neo_01.jpg


海外で見かけたOPPOのタブレット「OPPO Pad Neo」。
同社のタブレットでA4用紙や書籍に近いアスペクト比7:5のディスプレイを特徴としているものは「OPPO Pad 2」が昨年10月に日本で発売されてその後に廉価モデルの「OPPO Pad Air2」が中国で出ていましたが、これは後者のグローバル版と言える新製品です。

【公式サイト】OPPO Pad Neo | OPPO Global



OPPO_Pad_Neo_02.jpg


OPPO_Pad_Neo_03.jpg


OPPO_Pad_Neo_04.jpg


OPPO_Pad_Neo_05.jpg


OPPO_Pad_Neo_06.jpg
(via facebook)


画面サイズ:11.4インチ、OS:ColorOS、解像度:2408x1720、CPU:MediaTek Helio G99、メモリ:6GB、ストレージ:128GB、通信機能:Wi-Fi(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)・Bluetooth 5.2、カメラ:800万画素+800万画素、バッテリー:8000mAh、本体サイズ:188x255.1x6.8mm、重量:約538g、アスペクト比7:5・10bitカラー・リフレッシュレート90Hzのディスプレイ、Dolby Atmos対応のクアッドステレオスピーカー、33W急速充電サポート、スペースグレイのマットボディ、専用スマートケースあり(オプション)、主な仕様・特徴は以上。

上記の仕様・特徴はOPPO Pad Air2とまったく同じと言える内容。グローバルサイトだとOPPO Pad Air2を検索しても出てこないので、こちらがグローバル版になるでしょうし日本で発売されるとしたらこちらでしょう。昨年10月に発売されたOPPO Pad 2はアスペクト比7:5のディスプレイが魅力的でも70,000円台の価格がネックで購入を見送った人が割といた印象でしたから、こちらが廉価モデルらしい価格で発売されたら注目度は上位を上回るかもしれませんね。