OPPO、ANC搭載・LHDC対応・2DDドライバーの完全ワイヤレスイヤホン『Enco X』

OPPO_Enco_X_01.jpg


海外で見かけたOPPOのイヤホン「Enco X」。
Enco W51」「Enco W11」に続く新たな完全ワイヤレスイヤホンで、内容的にW51よりもさらに上をいくモデル。アクティブノイズキャンセリング機能・LHDCコーデック対応・同軸デュアルダイナミックドライバーなどを特徴としています。

OPPO Enco X
https://store.oppo.com/cn/m/product/index?skuId=2229





OPPO_Enco_X_02.jpg


OPPO_Enco_X_03.jpg


OPPO_Enco_X_04.jpg


OPPO_Enco_X_05.jpg


OPPO_Enco_X_06.jpg
(via weibo)

通信方式:Bluetooth 5.2、コーデック:LHDC/AAC/SBC、連続再生時間:約4時間(ANCオン)、重量:4.8g、ハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能、周囲の音を聞き取れるアンビエントモード、DYNAUDIOとの共同開発&独自のDBEE 3.0システム採用、11mm径と6mm径を同軸上に配置した同軸デュアルダイナミックドライバー、3つのマイクによる高品質通話、IP54の防塵/防水性能、ワイヤレス充電対応(Qi)、ブラック・ホワイトの2色、主な仕様・特徴は以上。中国での価格は999人民元(約16,000円)。

Enco W51の方は同じANC搭載モデルでも音質面に関してはさほどこだわってなさそうな内容でしたが、こちらは上記のとおり本気と言えるものを載せてきた模様。Bluetooth 5.2という点から考えて最新のBluetoothチップを採用しているでしょうし、アンビエントモードも搭載して抜かりない作りになっている印象。ネックとなりそうなのはEnco W51の倍近い価格設定でしょうか。仮に日本でも発売されるとしたらこちらの価格でW51の倍だと単純計算で30,000円前後・・・それ以下に抑えないとさすがに割高だと思います。




OPPO
売り上げランキング:1,486