OPPO、低価格でLDAC対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン『Enco M31』

OPPO_Enco_M31_01.jpg


海外で見かけたOPPOのイヤホン「Enco M31」。
Enco W31」と共に発表された新製品でこちらはネックバンド型のBluetoothイヤホン。シンプルかつスリムなデザインで価格は手ごろな設定になっているスタンダードモデルですが、このタイプでは珍しくLDAC対応を特徴としています。

OPPO Enco M31
https://www.opposhop.cn/products/1307.html





OPPO_Enco_M31_02.jpg



OPPO_Enco_M31_03.jpg



OPPO_Enco_M31_04.jpg



OPPO_Enco_M31_05.jpg



OPPO_Enco_M31_06.jpg



OPPO_Enco_M31_07.jpg


通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:LDAC対応、連続再生時間:約12時間/約8時間(LDAC)、充電時間:約1時間、ドライバー:9.2mm径ダイナミック型、再生周波数帯域:20 - 40,000Hz、インピーダンス:32Ω、感度:101.9 dB、重量:22g、という仕様。複合振動板を採用したダイナミックドライバー、高音質コーデック・LDAC対応、イヤホン同士が着脱するマグネット内蔵、人間工学に基づいたネックバンドユニット、IPX5の防水性能、USB Type-Cのインターフェイス、10分充電で3時間再生できるクイックチャージ、イヤーピース3セット付属、などが特徴。

価格は中国公式サイトだと299人民元(約4,500円)。最近のネックバンド型Bluetoothイヤホンといえば低価格帯でもaptX HD対応のモデルを数多く見かけるようになりましたが、LDAC対応は本家と言えるソニーでもハイエンドクラスのモデルでしか存在しませんし、業界全体で見ても低価格帯では他になかったはず。端末の方もそこまで古くないAndroidならLDACで使える機種が多いでしょうから、この価格でLDAC対応はより魅力的に映るのではないかと。ちなみに最新スマートフォン=Ace系列のアクセサリみたいな形で登場したものなので、それが日本でも発売されればこちらも可能性がありそうでしょうか。




OPPO Japan
売り上げランキング: 15