Oladance、IPX8防水やaptX HD対応も特徴とするオープンイヤー型のBluetoothイヤホン『Oladance OWS Sports』

Oladance_OWS_Sports_01.jpg


海外で見かけたOladanceのイヤホン「Oladance OWS Sports」。
オープンイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン「Oladance OWS Pro」が高い評価を得ていたOladance、次なる新製品はネックバンドデザインのBluetoothイヤホン。その名のとおりスポーツ向けのオープンイヤー型でIPX8防水やaptX HD対応も特徴としているモデルです。

【公式サイト】Oladance Sports | イヤホンじゃない、まるで耳にかけるミニスピーカー。



Oladance_OWS_Sports_02.jpg


Oladance_OWS_Sports_03.jpg


Oladance_OWS_Sports_04.jpg


Oladance_OWS_Sports_05.jpg


Oladance_OWS_Sports_06.jpg


Oladance_OWS_Sports_07.jpg
(via zhihu)

通信方式:Bluetooth 5.1、コーデック:aptX HD/aptX/AAC/SBC、連続再生時間:約15時間、充電時間:約2時間、防水性能:IPX8、重量:25.9g、耳をふさがない&風切り音に強い独自のオープンイヤーデザイン、23x10mmドライバーとアンプチップ+低音増強アルゴリズムによるミニスピーカーのようなサウンド、IPX8の完全防水設計、マルチポイント対応、Oladanceアプリ対応、計4色のカラーラインナップ、公開されている主な仕様・特徴は以上。

日本では上記の特設サイトが既に公開されており、まずはクラウドファンディングから展開をスタートする模様(日時は現時点で未記載)。既に販売を開始している中国ではOWS Proより1割強ほど安い価格設定。完全ワイヤレスイヤホンは骨伝導よりオープンイヤー型の方が需要も供給も伸びている印象ですが、ネックバンド型のBluetoothイヤホンはまだ骨伝導の方が強い感もあり。その状況をこれが変えるのか注目ですね。