OE Audio、4種のコネクタに対応する完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー『WS-1』

OE_Audio_WS-1_01.jpg


海外で見かけたOE Audioのレシーバー「WS-1」。
主にIEM用のパーツを手がけているメーカーが発表していた完全ワイヤレスのBluetoothレシーバー。まだ数少ない同類の製品と張り合えそうなスペックを備えているうえに、4種のコネクタに対応する4ラインナップ展開も特徴としています。

WS-1 TWS Receiver for IEM | OEAudio
https://www.oeaudio.net/ws1





OE_Audio_WS-1_02.jpg


OE_Audio_WS-1_03.jpg


OE_Audio_WS-1_04.jpg


OE_Audio_WS-1_05.jpg


OE_Audio_WS-1_06.jpg
(via weibo)

Qualcomm QCC3020のBluetoothチップ採用、TWS Plus対応、独立したアンプチップの搭載で電流出力の強化を実現、OCCシルバーケーブル採用&フレキシブルなイヤーフック、高感度シリコンマイク搭載、IPX5の防水性能、専用マグネットケーブルを使う充電方法、4種のコネクタ(MMCX/2pin/FitEar/UE IPX)に対応する4ラインナップ展開、通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:aptX/AAC/SBC、連続再生時間:約9時間、重量:7g、主な仕様・特徴は以上。

コネクタに関しては1台で4種に対応するわけではなく、それぞれのモデルが用意されている形なので一応注意。あと、充電がケースやUSBケーブルではなく専用ケーブルを使う方法なのは欠点になりそうな要素。気になる点はそれくらいで上記のスペックが事実ならSHUREやiBassoといった有名どころの製品とも張り合えそうな気がするでしょうか。製品展開をどう進めていくのかはわかりませんでしたが、ちなみに同社の製品は日本でも出回っていた過去があるようです。