NZXT、約61gの新型エルゴノミックデザインで8KHz対応も特徴とする第2世代のゲーミングマウス『Lift 2 Ergo』

NZXT_Lift_2_Ergo_01.jpg


海外で見かけたNZXTのマウス「Lift 2 Ergo」。
Lift 2 Symm」と共に発表されたシリーズ第2世代のゲーミングマウスで、こちらは先代の「Lift」とは違って新型のエルゴノミックデザインになっているモデル。Symmと同じく主要パーツは最新と言えるものを使っていて有線のゲーミングマウスでは重要となるポーリングレート8000Hz対応も特徴としています。

【公式サイト】NZXT Lift 2 Ergo | NZXT Wired Gaming Mouse



NZXT_Lift_2_Ergo_02.jpg


NZXT_Lift_2_Ergo_03.jpg


NZXT_Lift_2_Ergo_04.jpg


NZXT_Lift_2_Ergo_05.jpg


NZXT_Lift_2_Ergo_06.jpg


NZXT_Lift_2_Ergo_07.jpg
(via Youtube)


テクスチャード加工のサイドグリップを採用したエルゴノミックデザイン、26,000DPIセンサー採用(PAW3395)、耐久性1億回のオプティカルスイッチ採用(TTC製)、100% PTFEフィート採用、パラコードケーブル採用、ポーリングレート最大8000Hz対応、NVIDIA Reflex対応、NZXT CAMソフトウェア対応、ブラック・ホワイトの2色、サイズ:幅65.1x奥行き128.4x高さ41.4mm、重量:約61g、主な仕様・特徴は以上。

価格は北米公式サイトだと現在49.99ドル。Symmとは形状も違えばサイズも違っていて、こちらは結構大きいエルゴノミックデザイン。エルゴ系でも〇〇クローンみたいなよくある形ではなくオリジナリティーを感じますし、主要パーツは最新と言えるもので8000Hz対応とスペックも抜かりない内容ですから、有線派には新たな選択肢になるのではないかと。日本では発売未定とSNSの公式アカウントがコメントしていましたが、こちらもAmazonに販売ページがあるので近日中に動きがあると思います。