Nothing 『Ear (stick)』 レビューチェック ~ケースデザインも個性的なハーフインイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン

Nothing_Ear_stick_01.jpg


2022年11月に発売されたNothingの「Ear (stick)」。
ear (1)」に続く同ブランドの第2作目となる完全ワイヤレスイヤホン。今作は究極の快適性を追求したと謳うハーフインイヤー型で、イヤホンだけでなくケースも個性的なデザインになっているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

Nothing Ear (stick) - Nothing日本公式ストア
https://jp.nothing.tech/products/ear-stick



画像


Nothing_Ear_stick_02.jpg


Nothing_Ear_stick_03.jpg


Nothing_Ear_stick_04.jpg


Nothing_Ear_stick_05.jpg


Nothing_Ear_stick_06.jpg

製品仕様


通信方式:Bluetooth 5.2
プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP
コーデック:AAC/SBC
連続再生時間:約7時間
連続通話時間:約3時間
充電時間:約1.5時間
ドライバー:12.6mm径ダイナミック型
感度:125 dB/mW
防水性能:IP54
インターフェイス:USB Type-C
重量:4.4g(イヤホン)/46.3g(ケース)


メディア・レビューサイト


Nothing、円筒状ケースのハーフインイヤーTWS「Ear (stick)」 - AV Watch
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1450612.html

【ミニレビュー】Nothing Ear (stick)開封してみた。EQで低音“マシマシ”がオススメ - AV Watch
https://av.watch.impress.co.jp/docs/review/minireview/1451481.html

デザインだけでなく装着感もヨシ、「Nothing Ear (stick)」は日常使いに最適 - ケータイ Watch
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/todays_goods/1452092.html

「Nothing Ear (stick)」を早速体験!軽くて快適&クリアなサウンドと通話でリモートワークにもオススメ - PHILE WEB
https://www.phileweb.com/review/article/202210/28/4942.html

デザインに惚れたら即買いすべき!?ムダを削ぎ落としたNothingの「Ear (stick)」|@DIME
https://dime.jp/genre/1497974/

Nothing Ear (stick) 徹底レビュー!音質、デザイン、Ear (1)と比較も Nothing Info
https://nothing-info.net/2022/11/02/ear-stick-徹底レビュー!音質、デザイン、ear-1と比較も/

Nothing Ear(stick)をレビュー!デザインも美しく、利便性も高いワイヤレスイヤホン - Rentio PRESS
https://www.rentio.jp/matome/2022/11/nothing-ear-stick-review/

【Nothing Ear (stick)】これまでにない体験が待っている新感覚のイヤホン|デザインが最高すぎる | クラフトデイズ
https://lifecreate5.com/2022/10/30/【nothing-ear-stick】これまでにない体験が待っている新感覚/

【 Nothing Ear(stick) レビュー 】デザインだけじゃない!音質&着け心地が想像以上の完成度! - MD-WORKS
https://www.mdworksblog.com/entry/2022/11/04/155800




究極の快適性を追求したハーフインイヤー型デザイン、業界最高クラスを誇る高感度ダイナミックドライバー、装着時に低音の減衰を検知して最適なレベルに調整するスマートソフトウェア・Bass Lock、3つの高精細マイクと最新のスマートアルゴリズムによるクリアな通話品質、同ブランドのスマートフォンに最適化された接続性、Google Fast Pair/Microsoft Quick Switch対応、人間工学に基づいた円筒形の場バッテリーケース(最大29時間再生が可能)、10分充電で約2時間再生できる急速充電、Nothing Xアプリ対応、などが特徴。

自身のサイトでレビューしている人は数名いましたが、「ハーフインイヤー型なので圧迫感がなく着けている感じがしないほど軽快、そしてハーフインイヤー型でもズレたり外れたりせず安定している」「音質は高音がクリアで低音も思っていた以上に出る」「Ear (1)とはイヤホンのタイプが異なるので音質や装着感は別物、どちらが良いかは各自の好みによる」「接続の安定性はEar (1)より確実に良くなっている」「アプリもEar (1)よりカスタマイズ性が上がっている」「ボタンはプレスコントロールで正確に操作できるし誤作動も少ない、ただし音量調整はやりづらい」「イヤホンもケースもデザインは秀逸だが、ケースは埃が入りやすいのが欠点」といった内容。

各所の反応


[#1]
NothingのEar(stick)届いた。モノ自体の満足度は高い。
ケースを回す感触はもう少しマグネット強めでも良かったと思う。
音質はAirPods(第3世代)に比べて自然な音で良い。



[#2]
Nothing Ear(stick)買えた。
スケルトンデザインかっこいいし、軽くてつけてる気もしない。
音質カスタマイズできるのが良い。



[#3]
カナル型苦手なのでNothing Ear (stick)の軽やかな付け心地は嬉しい



[#4]
Nothing Ear (Stick)、自分の耳だと割とすぐ痛くなる
音は好みの問題、自分はアプリで全音域0にした
接続は切れない、端末から離れてもつながったまま聞ける
ケースの扱いやすさ最高
でもPhone (1)と合わせて使うおしゃれイヤホンでそれ以上ものではないかな



[#5]
Nothing Ear (Stick)はノイキャン無いけど家でのリスニング用途なら悪くない
音質はもうちょい下が欲しいがクリアでキレイという印象
デフォルトでもバランス良し、アプリでイコライジングできるのも良し



[#6]
nothing ear (stick)の欠点はケースに入ったゴミが取れない
本当にかっこいいクリアケースだからマジで辛いこれ



[#7]
nothing ear (stick)
サイズはAirPodsよりちょっと大きいんだけど装着感はこっちの方が良い。
AirPodsより耳の穴に入ってくる感じがなくて、より耳にハマるスポットに置いてるような感じ。



[#8]
初めてのインナーイヤ型でNothing Ear (Stick)買ったけど
耳のフチに乗ってるだけなのに全然落ちないし、音もベースまでしっかり聴こえて不思議。
なにより見た目がずば抜けて良いから好き。



[#9]
Nothing Ear (stick)
ハーフインイヤー型で付け心地良好。
同じく非カナル型のAirPods(3rd)と比較しても音質良好。
ルックスと円筒形のケースを回して開閉するデザインも最高。



[#10]
Nothing Ear (stick)届いたけど俺の耳の形には合わない気がする



[#11]
一通りNothingの製品は持ってる、どれも性能デザインともに最高なものばかり。
でもStickよりもear(1)のほうが音質的には優れていると思った。
なので今からear(1)を買うのもあり。



[#12]
Nothing Ear (stick)1週間使ってみて
デザインが素晴らしいし軽くて付け心地最高でイコライザーが優秀なのは良し
でも外で満足する音量出そうとすると音漏れするのはあかん



[#13]
Nothing Ear (stick)はノイキャンが無いので没入感には欠けるが
こもった感じはしないので開放的。音質は値段相当。専用アプリとの親和性が良い。
気になるのはクリアケース。どうやってキズから守るか。



[#14]
Nothing Ear (stick)買ったけどNothing Phone (1)との相性バッチリ
カナル型でないにも関わらず低音もしっかり聞けていい感じ



[#15]
Nothing Ear (stick)の感想
・見た目は美しい
・思ってたより音は良いがサ行の刺さりが個人的にキツい
・装着は位置によってかなり音が変わるから少し悩む
・感圧スイッチの使用感は素晴らしいし音量調整ができるのも良い
・ケースはゴミの混入が心配

インナーイヤー型&ANCが無いので外で音楽を聴くのには向かない。
在宅向けと割り切った方がいいかも。動画視聴用とかにはオススメ。
16,800円という価格はデザイン・音質・円安事情を考えると妥当なところ。



[#16]
Nothing ear (stick)悪くないけどEar(1)の方が使い勝手よかったな



[#17]
Nothing ear (stick)はAirpods第3世代に近い装着感と軽さ。
音の立体感やドラムの厚みはあるのでインナーイヤーとしては結構良い。
ケースを回すのは面白いけど少しの傾斜で転がるから縦置き必須。
アプリの挙動は軽快でイコライザも使える。



[#18]
Nothing ear(stick)はハッキリ言ってオシャレに全振りのイヤホンだよ



[#19]
Nothing ear (stick)購入した。
外観やデザインは他でも言われてる通り。
イコライザは高音+5/中音+5くらいが自分好み。



[#20]
nothing ear(stick)軽いし思ってたより音もいいしデザインも良い。
聴き流し用にも自宅でゆっくり音楽聴きたい用として使えそう。



[#21]
Nothing Ear(Stick)はear (1)を比較対象にすると音質は低音が弱いと感じる
付け心地は軽やかで苦にならない、操作はボタン押し込みでear(1)より楽



[#22]
自分もear (1)持っててNothing Ear(Stick)買った。
自分の耳に合ってないのかもしれないけどear (1)と比べて耳への収まりは悪い
イコライザはear (1)より変化が大きい。
筒形ケースは大きく感じるしギミックは面白いけど出し入れしづらい。
カナル型が嫌じゃなければear (1)で良い気がする。





各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質はクリアでキレイに鳴るしハーフインイヤー型にしては低音も割と出る、装着感は耳に合えばハーフインイヤー型らしく軽快だが万人に合うわけではない、アプリのイコライザはなかなか優秀、バッテリーケースはデザインがいいし開閉のギミックも面白いが埃の侵入は気になる、デザインは秀逸だがデザインに全振りしているとも言える、ear (1)より良くなっている点はいくつかあるがイヤホン自体はear (1)より良いというわけでもない、カナル型は絶対に嫌ならこちらになるがそうじゃないなら今からear (1)を買ってもいいと思う、といった内容。

情報を巡っていて思ったのは前作もそうだったように音質や機能を期待して買うものではないかなと。現に購入しているのはNothingが好きな人またはデザインが好きな人に限られていた印象ですし、なんというかイヤホンではなくブランドの枠で語られていた感じでしょうか。でも「Nothing Phone(1)」(AA)の専用アクセサリみたいなものなので、それ以外の見方をする方がおかしいのかも。前作同様に個性が出しづらい完全ワイヤレスイヤホンで個性が際立っているデザインになっているのは確かにいいですね。「Ear (stick)」は現在16,000円台の価格で販売されています。




ナッシング(Nothing)
売り上げランキング:459