MSI、曲率1000R&HDR1000の34インチ/VA/UWQHD/144Hzウルトラワイドゲーミングモニター『Optix PAG344CQR』

MSI_Optix_PAG344CQR_01.jpg


海外で見かけたMSIの34インチ液晶モニター「Optix PAG344CQR」。
今のところ中華圏のみで展開しているPAGシリーズの新たなウルトラワイドゲーミングモニター。「MPG ARTYMIS 343CQR」と同じく曲率1000RになっているVAパネル採用・UWQHD解像度・リフレッシュレート144Hzのモデルです。

Optix PAG344CQR
https://cn.msi.com/Monitor/Optix-PAG344CQR/





MSI_Optix_PAG344CQR_02.jpg


MSI_Optix_PAG344CQR_03.jpg


MSI_Optix_PAG344CQR_04.jpg


MSI_Optix_PAG344CQR_05.jpg


MSI_Optix_PAG344CQR_06.jpg


MSI_Optix_PAG344CQR_07.jpg


画面サイズ:34インチ、パネル:VA、解像度:3440x1440、輝度:700 cd/m2(peak) 、コントラスト比:3000:1、応答速度:1ms(MPRT)、視野角:178/178、映像端子:HDMIx3/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。曲率1000Rのカーブスクリーン、リフレッシュレート144Hz、FreeSync Premium対応、VESA DisplayHDR 1000認証、DCI-P3カバー率93%・sRGBカバー率125%・10bitカラー対応、Night Visionなどのゲーム機能、PIP/PBPモード、背面にRGB LED搭載、などが特徴。

リフレッシュレートが144Hzだったりフレームレスデザインではなかったりといった点から考えてMPG ARTYMIS 343CQRの下位バージョンかと思いきや、中国での価格設定はこちらの方が高かったりする。DisplayHDR 1000など確かにこちらの方が優れている点はいくつかありますが、PAGシリーズはどれも割安なモデルでしたから実質上位のMPGシリーズより高いものを出してきたのはあまりにも意外でしょうか。ちなみに価格は4,299人民元(約72,000円)です。