MSI、割安感が期待できそうな34インチ/VA/UWQHD/144Hzウルトラワイドゲーミングモニター『Optix MAG342CQ』

MSI_Optix_MAG342CQ_01.jpg


海外で見かけたMSIの34インチ液晶モニター「Optix MAG342CQ」。
Optix MAG342CQRV」の144Hz版と言える曲面VAパネル採用&解像度:3440x1440でリフレッシュレート144HzやAdaptive-Syncに対応したウルトラワイドゲーミングモニター。内容的に割安感が期待できそうなモデルです。

MSI Optix MAG342CQ 34 Inch Curved Gaming Monitor
https://www.msi.com/Monitor/Optix-MAG342CQ





MSI_Optix_MAG342CQ_02.jpg


MSI_Optix_MAG342CQ_03.jpg


MSI_Optix_MAG342CQ_04.jpg


MSI_Optix_MAG342CQ_05.jpg


MSI_Optix_MAG342CQ_06.jpg
(via Youtube)

画面サイズ:34インチ、パネル:VA、解像度:3440x1440、輝度:250 cd/m2、コントラスト比:4000:1、応答速度:1ms(MPRT)、視野角:178/178、映像端子:HDMIx2/DisplayPort、主な仕様は以上。曲率1500Rのウルトラワイドスクリーン、リフレッシュレート144Hz、ディスプレイ同期技術・Adaptive-Sync対応、HDRサポート(HDR Ready)、画面の視認性を高めるナイトビジョン機能、アンチフリッカー・ブルーライト軽減モード、3辺フレームレスのスリムベゼルデザイン、チルト・スイーベル・昇降の調整が可能なエルゴノミックデザインのスタンド、などが特徴。

筐体のデザインは製品情報の画像がMAG342CQRVとまったく同じなので同型と思われる。ただしこちらは背面のRGB LEDやPIP/PBPモードに関しての記載がないので省かれている可能性大。言い換えれば付加機能を取っ払ったわけですからその分だけコストは下がっているでしょうし、MAG342CQRVの仕様ほぼそのままにリフレッシュレートが144Hzになったと考えれば最初からこちらを出しておけよと思うくらい魅力的に映るでしょうか。価格に関しては各所を巡っても情報がなかったので現段階では不明、仮にもしMAG342CQRVと同額でリリースされれば注目を得るでしょうね。