MSI、日本発売が決まった上位シリーズの27インチ QD-OLEDパネル QHD 360Hzゲーミングモニター『MPG 271QRX QD-OLED』

MSI_MPG_271QRX_QD-OLED_release_01.jpg


2024年3月に発売されるMSIの27インチOLEDモニター「MPG 271QRX QD-OLED」。
現ラインナップの実質上位クラスとなるMPGシリーズから登場した解像度:2560x1440のQD-OLEDパネル採用でリフレッシュレート360Hzのゲーミングモニター。海外では1月のイベントで発表されていたものですが「MPG 491CQP QD-OLED」などと共に日本で3月発売が決まったようです。

【公式サイト】MSI MPG 271QRX QD-OLED



MSI_MPG_271QRX_QD-OLED_release_02.jpg


MSI_MPG_271QRX_QD-OLED_release_03.jpg


MSI_MPG_271QRX_QD-OLED_release_04.jpg


MSI_MPG_271QRX_QD-OLED_release_05.jpg


MSI_MPG_271QRX_QD-OLED_release_06.jpg


MSI_MPG_271QRX_QD-OLED_release_07.jpg
(via mydrivers)


画面サイズ:27インチ、パネル:QD-OLED 、解像度:2560x1440、輝度:250 cd/m2、コントラスト比:1500000:1、応答速度:0.03ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort/USB Type-C(USB PD 90W)、主な仕様は以上。反射防止コーティングされた最新世代のQD-OLEDパネル、リフレッシュレート360Hz、Adaptive-Sync対応、ClearMR 13000認証、VESA DisplayHDR True Black 400認証、焼き付きを防ぐOLED Care 2.0、各ゲーム機能、コンソールモード搭載、ハードウェアブルーライトカット搭載、グラフェンフィルム+専用設計ヒートシンク搭載、Mystic Light対応のスペクトラムバー搭載、KVMスイッチ機能、MSI Gaming Intelligenceソフトウェア対応、などが特徴。

価格は取り扱いを開始しているストアだと現在155,000円前後で予約受付中。シリーズ的にクラスが下となる「MAG 271QPX QD-OLED」(AD)も同じタイミングで発売されるようですが、製品情報を見るに基本スペックはほぼ同じ内容。主な違いはUSB Type-Cの仕様やUSBポートの有無それと筐体のデザイン。USB関連のインターフェイスは別に重要でなかったり背面で発光するスペクトラムバーが不要な人はその分だけ安いMAGの方を選んだ方が良さそうな印象。ただ、実売価格が現時点であまり差がないうえに発売まで値動きもありそうですから、その状況次第ではこちらを選んだ方がいいかもしれませんね。