MSI、日本発売が決まった曲率1000Rの31.5インチ RAVID VAパネル QHD 240Hzゲーミングモニター『MAG 325CQRXF』

MSI_MAG_325CQRXF_release_01.jpg


2024年3月に発売されるMSIの31.5インチ液晶モニター「MAG 325CQRXF」。
G274QPF E2」と共に発表されたMAGシリーズのゲーミングモニターで、解像度:2560x1440・曲率1000RのRAPID VAパネル採用やリフレッシュレート240Hzを主な特徴としているモデル。海外では昨年末に一部の地域で出回っていたようですが日本でも発売が決まったようです。

【公式サイト】MSI MAG 325CQRXF



MSI_MAG_325CQRXF_release_02.jpg


MSI_MAG_325CQRXF_release_03.jpg


MSI_MAG_325CQRXF_release_04.jpg
(via facebook)


画面サイズ:31.5インチ、パネル:VA、解像度:2560x1440、輝度:400 cd/m2、コントラスト比:4000:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。曲率1000Rで高速のRAPID VAパネル、リフレッシュレート240Hz、Adaptive-Sync対応、VESA DisplayHDR 400認証、ナイトビジョンなどのゲーム機能、PIP/PBPモード、コンソールモード、アンチフリッカー・ブルーライトカット機能、KVMスイッチ機能、Mystic Light対応のRGBライティング搭載、Gaming Intelligneceソフトウェア対応、などが特徴。

価格は取り扱いを開始しているAmazonだと現在69,800円で予約受付中。RAPID VAパネルは今回が初出というわけでもなく31.5インチだと昨年夏ごろに発売された「MAG 325CQRF-QD」(AD)があり。それと比べてリフレッシュレートはワンランク上の240Hzだけれども量子ドットはないので一長一短。価格は10,000円ほどこちらの方が高くリフレッシュレート240Hzをどう捉えるかがポイントとなりそう。・・・ところでMSIは上位クラスでも付加機能を省いてコストも抑えた実用重視の路線で行くのだと新製品で感じていましたが、これはそういうわけでもなくて手広く展開していくという事でしょうか。