MSI、日本発売が決まった量子ドット採用の27インチ IPSパネル WQHD 180Hzゲーミングモニター『MAG 274QRF QD E2』

MSI_MAG_274QRF_QD_E2_release_01.jpg


2024年4月に発売されるMSIの27インチ液晶モニター「MAG 274QRF QD E2」。
解像度:2560x1440・量子ドット採用のRAPID IPSパネルでリフレッシュレート180Hzを特徴とするゲーミングモニター。内容的に2021に発売された「Optix MAG274QRF-QD」のリニューアル版となりそうなモデル。海外では昨年12月ごろに製品が出回っていましたが少し遅れて日本でも発売が決まったようです。

【公式サイト】MSI MAG 274QRF QD E2



MSI_MAG_274QRF_QD_E2_release_02.jpg


MSI_MAG_274QRF_QD_E2_release_03.jpg


MSI_MAG_274QRF_QD_E2_release_04.jpg


MSI_MAG_274QRF_QD_E2_release_05.jpg


MSI_MAG_274QRF_QD_E2_release_06.jpg



画面サイズ:27インチ、パネル:RAPID IPS、解像度:2560x1440、輝度:400 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。量子ドットのRAPID IPSパネル(DCI-P3 98%・AdobeRGB 94%・sRGB 99%)、リフレッシュレート180Hz、Adaptive-Sync対応、VESA DisplayHDR 400認証、ナイトビジョンなどのゲーム機能、最大65W給電のUSB Type-C、KVMスイッチ搭載、Mystic Light対応のRGBライティング搭載、Gaming Intelligenceソフトウェア対応、などが特徴。

価格は取り扱いを開始しているストアだと現在54,000円台で予約受付中。旧版と言えるOptix MAG274QRF-QDに比べてリフレッシュレートの向上やUSB Type-Cの65W給電対応・KVMスイッチ搭載など強化されている点がいくつもあり。価格は旧版の発売当時=62,000円台に比べたら割安ですが海外の実売価格に比べたら地域差を考慮しても割高感が否めず、旧版は最終的に42,000円台まで値下がっていた事も考えると現状ではコストパフォーマンスがいいとは言えないでしょうか。でも今から値動きがあるとも思いますし今後次第ですね。