MSI、リニューアル版となる量子ドット採用の27インチ IPSパネル WQHD 180Hzゲーミングモニター『MAG 274QRF QD E2』

MSI_MAG_274QRF_QD_E2_01.jpg


海外で見かけたMSIの27インチ液晶モニター「MAG 274QRF QD E2」。
2021年に発売された「Optix MAG274QRF-QD」のリニューアル版となる解像度:2560x1440のRAPID IPSパネルで量子ドット技術の採用も特徴とするゲーミングモニター。リフレッシュレートの向上やVESA DisplayHDR 400認証などいくつか刷新されており、筐体のデザインはシンプルになっています。

【公式サイト】MAG 274QRF QD E2



MSI_MAG_274QRF_QD_E2_02.jpg


MSI_MAG_274QRF_QD_E2_03.jpg


MSI_MAG_274QRF_QD_E2_04.jpg


MSI_MAG_274QRF_QD_E2_05.jpg


画面サイズ:27インチ、パネル:RAPID IPS、解像度:2560x1440、輝度:400 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。高速のRAPID IPSパネル採用、量子ドット技術採用(DCI-P3 97%・AdobeRGB 94%・sRGB 150%)、リフレッシュレート180Hz、Adaptive-Sync対応、VESA DisplayHDR 400認証、ナイトビジョンなどのゲーム機能、最大65W給電のUSB Type-C、KVMスイッチ搭載、Mystic Light対応のRGBライティング搭載、Gaming Intelligenceソフトウェア対応、などが特徴。

新旧の主な違いは、リフレッシュレートが165Hz→180Hz、VESA DisplayHDR 400認証で輝度も向上、USB Type-Cが65W給電に、KVMスイッチが追加、など。また、デザインに関してはヘアライン加工や光沢のパネルが使われておらず、ロゴも筐体に入れられている形の黒くシンプルなものに。価格は中国の公式ストアだと現在1,799人民元(約36,000円)で旧版より若干安くなっている模様。MSIも以前は付加機能を盛りに盛ってデザインも凝ったゲーミングモニターを出していましたが、最近は逆に機能は実用的なものに絞ってデザインはシンプルにしてコストを抑えている感があり。個人的には今の路線の方が好印象です。