MSI、日本発売が決まったエントリーシリーズの27インチ IPSパネル QHD 180Hzゲーミングモニター『G274QPF E2』

MSI_G274QPF_E2_release_01.jpg


2024年3月に発売されるMSIの27インチ液晶モニター「G274QPF E2」。
解像度:2560x1440のRAPID IPSパネル採用でリフレッシュレート180Hzを特徴とするエントリーシリーズのゲーミングモニター。1年前に発売された「G274QPF-QD」から量子ドットを取っ払って一部をリニューアルした感じのモデルですが、日本でも発売が決まったようです。

【公式サイト】MSI G274QPF E2



MSI_G274QPF_E2_release_02.jpg


MSI_G274QPF_E2_release_03.jpg


MSI_G274QPF_E2_release_04.jpg


MSI_G274QPF_E2_release_05.jpg


MSI_G274QPF_E2_release_06.jpg
(via weibo)


画面サイズ:27インチ、パネル:IPS、解像度:2560x1440、輝度:400 cd/m2、コントラスト比:1000:1、応答速度:1ms(GTG)、視野角:178/178、映像端子:HDMI x2/DisplayPort/USB Type-C、主な仕様は以上。高画質・広視野角のRAPID IPSパネル採用、リフレッシュレート180Hz、Adaptive-Sync対応、VESA DisplayHDR 400認証、ナイトビジョンなどのゲーム機能、ブルーライトカット機能、PIP/PBPモード、多機能スタンド搭載、などが特徴。

価格は取り扱いを開始しているAmazonだと現在39,800円で予約受付中。G274QPF-QDとの主な違いは量子ドットの有無とリフレッシュレートやDCI-P3などの数値それにスタンドのデザイン。G274QPF-QDの価格設定は54,800円で最安時は44,000円前後、その違いと価格差を天秤にかけてどちらが良いかは人によるかと。でもG274QPF-QDの高評価は量子ドットが大きく関わっていたので、それを取っ払った形のこれはなんというか見方が難しいですね。