2021年7月に発売されたマウス・キーボードをまとめてみた

Mouse_Keyboard_Release_2021-07_01.jpg


新型やリニューアル版それにマイナーチェンジも加えると月単位でもそれなりの数が発売されているマウスとキーボード。それらをすべて取り上げるのはちょっと無理ですが、該当する新製品もしくはマウスパッドやキーキャップセットなどの関連製品をざっとピックアップしてみます。今月は少数だけれどもSteelSeriesが新型のゲーミングマウスを一斉に出してきたところに注目です。

2021年6月に発売されたマウス・キーボードをまとめてみた
https://watchmono.com/e/mouse-keyboard-release-2021-06





Mouse_Keyboard_Release_2021-07_02.jpg


マウスその1、SteelSeriesの「Prime Wireless」。
新シリーズの”Prime”から登場した新型のワイヤレスゲーミングマウス。独自のTrueMove Airセンサーや光学マイクロスイッチの採用も特徴としており、ノーマルボディでありながら約80gの軽量を実現。魅力的な点が多いですけど他社の同クラスよりも割高感があるので価格をどう見るかですね。

SteelSeries、実店舗で既に出回っている新型のワイヤレスゲーミングマウス『Prime Wireless』
https://watchmono.com/e/steelseries-prime-wireless








Mouse_Keyboard_Release_2021-07_03.jpg


マウスその2、SteelSeriesの「Prime」。
上に同じく新シリーズの”Prime”から登場した新型のゲーミングマウスで、こちらスタンダードな有線モデル。ちなみにこのシリーズは2020年はじめに情報が流れていたので、それを知っていると随分と時間がかかったな・・・とも思ったり。あと、付加機能が備わった+モデルは来月に発売されます。

Prime | プロが開発した超軽量ゲーミングマウス | SteelSeries
https://jp.steelseries.com/gaming-mice/prime








Mouse_Keyboard_Release_2021-07_04.jpg


マウスその3、SteelSeriesの「Rival 5」。
ゲームのジャンルを問わず使えるマルチジャンルを謳ったゲーミングマウス。上下操作のトグルスイッチを含むプログラム可能な9ボタンを搭載しているモデルで、内容的にどちらかと言えばMMO/MOBA向けの印象。Primeシリーズに比べると競合機は少ないので一定の需要はありそうです。

SteelSeries 『Rival 5』 画像など ~多用途・多ジャンルを謳うRival 600後継機のゲーミングマウス
https://watchmono.com/e/steelseries-rival-5-gallery








Mouse_Keyboard_Release_2021-07_05.jpg


マウスその4、ENDGAME GEARの「XM1 RGB」。
質実剛健なゲーミングマウスとして定評を得ているXM1シリーズのRGB LED搭載モデルで、ただ単にLEDを搭載しただけでなくラインナップにスケルトンボディがあるのも特徴。まったく質実剛健ではなくなりましたがスケルトン&RGB LEDのド派手な外観は見た人に強烈なインパクトを与えるでしょう。

ENDGAME GEAR、スケルトンボディでRGB LED搭載のゲーミングマウス『XM1 RGB (Dark Reflex/Dark Frost)』
https://watchmono.com/e/endgame-gear-xm1-rgb-dark-reflex-dark-frost








Mouse_Keyboard_Release_2021-07_06.jpg


キーボードその1、ASUSの「ROG Claymore II」。
テンキーパッドが着脱式で左右両方にドッキングできるかつワイヤレスという、今どき珍しいというかオンリーワンになるであろうゲーミングメカニカルキーボード。独自の構造になっているROG RXオプティカルメカニカルスイッチ採用も大きな特徴。価格は30,000円超ですが海外でもそれくらいなので日本だけ割高というわけでないです。

ASUS 『ROG Claymore II』 画像など ~3レイアウトを構成できるワイヤレスのゲーミングメカニカルキーボード
https://watchmono.com/e/asus-rog-claymore-ii-gallery








Mouse_Keyboard_Release_2021-07_07.jpg


キーボードその2、IQUNIXの「F60」。
珍しいカラーリングや高級感のあるアルミフレームなどを特徴としている60%レイアウトのメカニカルキーボード。日本では今のところCoral SeaとJokerの2色を取り扱っている模様。代理店経由で少量販売のせいか22,000円台という高額品ですが、他の60%モデルとは何かが違うと一目見ただけで感じられますね。

IQUNIX、珍しい4カラーで展開する60%レイアウトのメカニカルキーボード『F60 2020 COLORFUL』
https://watchmono.com/e/iqunix-f60-2020-colorful




繊細で高品質な作りのiQunixのメカニカルキーボード
Qunix