Mountain、これが初出となるPMW3370センサー採用の軽量ゲーミングマウス『Makalu 67』

Mountain_Makalu_67_01.jpg


海外で見かけたMountainのマウス「Makalu 67」。
ドイツの新興ゲーミングデバイスメーカーが最近リリースしたゲーミングマウス。注目すべきは特許取得済みという軽量リブケージデザイン、そしてこれが初出となるPixart PMW3370のセンサーを採用しているところです。

Makalu 67 – Mountain
https://mountainggshop.com/products/makalu-67?variant=34573814431877





Mountain_Makalu_67_02.jpg


Mountain_Makalu_67_03.jpg


Mountain_Makalu_67_04.jpg


Mountain_Makalu_67_05.jpg


Mountain_Makalu_67_06.jpg


Mountain_Makalu_67_07.jpg


Mountain_Makalu_67_08.jpg
(via Youtube)

PMW3389より50%低いエラーレートを提供すると謳うPixart PMW3370のセンサー採用(解像度:19000DPI、最大加速度:50G、LOD:1-2mm)、耐久性5000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、サブフレームなしで高い強度と軽量化を実現した軽量リブケージデザイン、汗に強い撥水性PCBコーティング、ホイール~DPIボタンの中間にLEDインジケーター搭載、ホイール~DPIボタンの一帯にRGB LEDリング搭載、軽量で柔軟性のあるMountain Lifelineケーブル採用、100% PTFEマウスフィート採用、専用ソフトウェア・Base Camp、サイズ:幅70.2x奥行き127x高さ42.2mm、重量:約67g、主な仕様・特徴は以上。公式サイトでの価格は59.99ユーロ。

特許取得済みという軽量リブケージデザインは今まで見た事ないホールの加工で目新しさがあり。軽量ゲーミングマウスとしてはこのサイズでこの重量なら軽い方ですし、ケーブルやソールも素材的に良さげ。そしてこれが初出となるPMW3370のセンサーはPMW3389より優れていると紹介されていますが、他所ではまだ情報を見かけないので次世代の立ち位置になるのか詳細は不明。でも製品自体が既にリリースされて出回っているわけですから、他社の製品でもこれから採用されていくのでしょうか。ところでこのメーカーは会社名が直球で製品名も各地の山脈から取っているのはユニークですね。




Xtrfy(エクストリファイ)
売り上げランキング:57