水月雨、価格を抑えた廉価版と言える100mm平面磁界型ドライバーのヘッドホン『PARA』

MOONDROP_PARA_01.jpg


海外で見かけた水月雨(MOONDROP)のヘッドホン「PARA」。
JOKER」に続いて通算5作目となるヘッドホンは100mm平面磁界型ドライバーを特徴とする新型モデル。そのドライバーといい重厚で高級感のあるパーツを使ったデザインといい「啓明星-VENUS」を彷彿とさせるものですが、価格はそれよりも結構抑えられています。

【公式サイト】MOONDROP PARA Planar Headphone | MOONDROP Official Website



MOONDROP_PARA_02.jpg


MOONDROP_PARA_03.jpg


MOONDROP_PARA_04.jpg


MOONDROP_PARA_05.jpg


MOONDROP_PARA_06b.jpg
(via weibo)

100mm FDT振動板+N52グリッドマグネットアレイを採用した平面磁界型ドライバー、3.5mm両出しのケーブル着脱式、3.5mmステレオケーブル・6.3mm変換プラグ付属、再生周波数帯域:15 - 53,000Hz、感度:101dB/Vrms、インピーダンス:8Ω±15%、公開されている主な仕様は以上。VENUSとまったく同じではないけれども似たようなデザインで高級感もあり、価格は中国の公式ストアだと1,999人民元(約40,000円)でVENUSよりも1,000人民元ほど安い設定。ここまで価格差があるとドライバー径が同じでも色々と違っていそうですし、廉価版みたいなものではないかと。でもVENUSは重量が許容できるならかなり良さげなものでしたから、価格を抑えたこちらがその出来にどれだけ迫っているのか気になりますね。