水月雨、日本発売が決まった1DD+平面駆動ハイブリッドドライバー&USB-C接続のイヤホン『梅 - MAY』

MOONDROP_MAY_release_01.jpg


2024年2月に発売される水月雨(MOONDROP)のイヤホン「梅 - MAY」。
新開発のダイナミックドライバーと平面駆動ドライバーのハイブリッドドライバーで付属のオーディオケーブルがUSB-C接続になっている有線イヤホン。海外では昨年12月ごろに製品が出回っていましたが、少し遅れる形で日本でも発売が決まったようです。

【公式サイト】MOONDROP MAY DSP In-Ear Monitor | MOONDROP Official Website



MOONDROP_MAY_release_02.jpg


MOONDROP_MAY_release_03.jpg


MOONDROP_MAY_release_04.jpg


MOONDROP_MAY_release_05.jpg


MOONDROP_MAY_release_06.jpg
(via weibo)


新開発のサファイア蒸着層複合フレキシブルサスペンション振動板を採用した10mm径ダイナミックドライバー、6mm径の環状平面駆動ドライバー、医療グレード樹脂を採用&高精度3Dプリント構造のイヤーシェル、0.78mm 2Pinコネクターでのケーブル着脱式、独自のDSP機能を搭載&3ボタン式リモコン付きのUSB Type-Cケーブル、音のカスタマイズや各設定が行えるMOONDROP Link 2.0アプリ対応、主な仕様・特徴は以上。

価格は取り扱いを開始しているストアだと現在11,000円台で予約受付中。海外の製品レポートを参考にすると、ダイナミック型による低音は量感控えめだが厚みや深みは十分ある、平面駆動ドライバーによる中高音は透明感があって細部の表現力も高い、アプリのカスタムチューニングを使えば好きな音を追求できる、とのこと。同社のイヤホンでUSB-C接続は「菊 - JIU」(AD)などエントリークラスでいくつか出ていますが、そのクラスからジャンプアップしたいスマホ直挿し派は注目すべきものでしょう。

【関連記事】『水月雨 梅 - MAY』レビューチェック ~サファイアDD+平面駆動ドライバーやUSB-C接続を特徴とする有線イヤホン